猫の腎不全の兆候とは?早期発見するにはどうしたらよい?

猫ちゃんはあまり水を飲まない生き物なので泌尿器のトラブルが他のペットよりも多い傾向があります。猫の代表的な泌尿器の病気として『腎不全』『猫下部尿路疾患』などがあります。

あとで説明しますが、腎不全には『慢性腎不全(または慢性腎臓病)』と『急性腎不全(または急性腎障害)』とがあります。慢性腎不全は高齢の猫ちゃんに多くみられる病気です。

猫ちゃんと泌尿器の病気は宿命ともいえるので、飼い主さんが早期に発見し重い症状にならないように注意してあげる必要がありますよ。

スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">


猫の腎不全とその兆候について

腎不全には「慢性」と「急性」の2タイプがあります。慢性腎不全は老化やほかの病気の影響なので長い期間をかけて腎臓の機能が低下していくもので、高齢の猫ちゃんに多くみられます。

急性腎不全は『下部尿路疾患(尿石症や尿道閉塞など)から急性腎不全を起こし急激に腎臓の機能が低下していくものです。どちらも重症化すると尿毒症をおこし命にかかわります。

猫の急性腎不全(急性腎障害)について
特徴 急性腎障害とも呼ばれ腎臓の働きが1日以内~数週間で急激に低下するもの。
おもな原因 下部尿路疾患、ウイルスや細菌感染、植物や薬物による中毒、重い貧血や脱水症などが原因でも起こります。もっとも多いのが尿結石によるもので治療が遅れると1日で亡くなる場合もあります。適切な治療をすれば腎機能を回復することができます。
おもな症状 食欲低下、元気消失、オシッコの量が減る、または出ない、嘔吐などがみられる。病状が急激に悪化し尿毒症を起こすと痙攣(けいれん)、体温低下、昏睡といった症状が現れます。
おもな治療 利尿剤や点滴を使用して血液中の老廃物を取り除きます。症状が重ければ透析治療を行います。尿路が閉塞しているときは手術が必要になることも。
急性腎不全の兆候として、尿路結石などで尿道が塞がっているケースではトイレの時間が長い、力んでもオシッコがでない、落ち着きがなくなり何度もトイレ行くようになります。

症状が進むと元気がなくなり、食欲がなくなったり、何度も吐くようになります。急性腎不全は早期発見が重要で、早い段階で適切な処置をすれば腎機能が回復する可能性が高くなります。

猫の慢性腎不全(慢性腎臓病)について
おもな特徴 慢性腎臓病(CKD)とも呼ばれ数ヵ月~数年かけて腎臓の働きが低下していくもの。
おもな原因 老化やほかの病気(猫エイズ、猫白血病など)が影響して発症することもありますが、原因が特定できないものも多いようです。急性腎障害が長引くとそのまま慢性腎不全に移行するケースもあります。
おもな症状 はじめうちはこれといった症状がみられませんが、ある程度病状が進行すると食欲不振、元気消失、体重減少、多飲多尿などがみられます。末期では尿毒症を併発し痙攣、体温低下、昏睡といった症状がみられ死に至ります。
おもな治療 長い時間をかけて腎機能が低下していくため一度発症すると完治はのぞめません。治療は対処療法がメインで原因となる病気あればそれを治療しつつ、腎機能の低下を抑えて現状を維持する治療になります。そのため症状を緩和する内科的治療と食事療法が併用されます。
慢性腎不全の兆候として、じわじわと腎機能が低下するので初期の段階では特別目立つ症状がありません。ある程度病状が進行してから食欲が落ちた、元気がない、痩せてきたなどの症状が現れます。

老廃物が十分に排出されず体内に蓄積されることで多量に水を飲んだり、オシッコの回数や量が増えたりします。中年齢から老年齢にかけて発症するため加齢のせいとして見過ごされることが多いので注意が必要です。

慢性腎臓病の進行を抑える新しい薬「ベラプロストナトリウム」

慢性腎臓病に新しく使われるようになったこの薬はベラプロストナトリウムという成分の内服薬で、慢性腎臓病の進行を抑え症状を改善する効果があります。
現在、主に使われている慢性腎臓病薬の効能は、蛋白尿や尿毒症の抑制で、本剤のように病気の進行の抑制を効能に挙げた薬はこれまでありませんでした。(中略)

本剤は炎症をしずめ血流を回復する働きを持ち、低酸素と線維化を抑え慢性腎臓病の進行を抑制します。同時に病気によって低下した元気と食欲を改善し、体重減少を抑える働きもあります。

埼玉県獣医師会より抜粋

中毒による急性腎不全


ある種の植物の花や葉を食べたり、ある種の薬物を摂取することで猫が急性腎不全になることが知られています。

例えばユリなどのユリ科の植物、クルマの不凍液(エチレングリコール)、パラコート(農薬)で腎障害が起きます。

人間用の解熱鎮痛剤(アセトアミノフェン、アスピリンなど)で腎障害が起きる可能性があります。

猫がまたブドウやレーズンを食べると腎障害が起きる可能性があと報告されています。

【禁止】食べてはいけない!猫に危険な5つの食べ物【禁忌】

2015年2月23日

スポンサーリンク


慢性腎不全を予防するには

慢性腎不全は初期には症状が全くみられない病気なので、症状らしい症状がが出たときには病状が進行しているケースがほとんど。

猫ちゃんが7歳になったら獣医師に定期的な健康チェックをしてもらうのが予防といえるのではないでしょうか。

下記の検査表はうちの猫ちゃんのものですが、定期的に腎臓の働きをチェックしてもらうとよいですね。


最近では血中の『SDMA』の濃度を調べる検査がある病院もあります。従来の検査よりも早期に腎疾患を発見することができます。
※SDMA:対称性ジメチルアルギニン

- 腎機能の検査
従来の検査 血中のBUN(尿素窒素)とCre(クレアチニン)の濃度で腎臓の働き評価します。これらの濃度が高ければ腎機能が低下しているということになりますが、腎機能が75%失われても数値が上がらないとの報告があります。
SDMA 腎機能の約40%が失われた段階で数値が高くなる。そのため従来の検査よりも早く異常が発見できます。

【数値の見方】猫の血液検査をやってみた【気になる結果】

2017年5月10日

まとめ

腎不全には『急性腎不全』と『慢性腎不全』があり、急性腎不全は尿石症などの株尿路疾患が原因で起こるのがほとんど。慢性腎不全は老化やほかの病気などが原因でない期間をかけて腎機能が低下していく病気です。

また急性腎不全の発見が遅れて腎臓にダメージを受けると慢性腎不全に移行するケースもみられます。腎臓は一度ダメージを受けると修復しない臓器なので、早期発見、早期治療が重要になります。

慢性腎不全の場合にはこれといった初期症状がないため、獣医師による定期的な健康チェックが大切になります。飼い主さんが猫ちゃんの健康をしっかりまもであげましょうね(^^)

【尿毒症】猫を腎不全にさせないための4つの予防法【末期症状】

2015年2月26日

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。