【留守番】猫を旅行中に1週間預けるときの3つの選択【注意点】

家をしばらく留守にするときネコをどこに預けたらよいの?

ペットホテルに預けるときに注意することって何?

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ネコを預けるときの3つの選択


ネコにお留守番させるのは二泊が限度。それ以上になるときは、

ペットホテルに預けたり、ペットシッターにお世話してもうのが一般的。


行く気満々

1.知人にお世話してもらう


ネコに慣れている知人いたら、その人にお世話してもらえると最高です。

例えば夜に訪問してもらい、エサやりとトイレ掃除をお願いします。

さらに、おもちゃでネコと遊んでくれるなら最高ですね(^^)




ネコちゃんが人見知りするときは、前もって顔合わせしておくとよいです。

お世話してもらった方には、それ相当のお礼を用意しましょう(^^)

もしトラブル(逃走など)があったとしても恨みっこなしでお願いします。


【行動範囲】猫が脱走して迷子になった!探す距離どのくらい?


2.ペッットホテルを利用する


ペットホテルや動物病院、大きなペットショップでもネコを預かってくれます。

あらかじめ予約が必要で、1泊の料金は3,500円~6,000円が相場。

ペットホテルよりも、動物病院に預けるほうが安心です。




羽田空港内第1・第2ターミナルそれぞれにペットホテルがあります。

ネコ専用のスペースがあり、3段ケージで預かってくれます。



3.キャットシッターを雇う



個人のキャットシッターよりも、ペットショップなどに所属しているほうが安心です。

自宅に訪問して世話をしてもらいますが、時給3,000~4,000円が相場です。

老齢のネコや病気のネコなど、移動させたくないときには重宝します。


自宅のカギを他人に預けるわけですから、事故がないとは限りません。。

信頼できるシッターに雇い、貴重品などはしっかりと管理しておきましょう。

スポンサーリンク


預ける前に下見しよう


ネコを預ける前に、必ず施設を下見しておくのが肝心。

チェックポイント

  1. 清潔であること
  2. ネコの専用スペースがあること
  3. ケージは最低でも2段あること
  4. 隣のケージと完全に区切られていること
  5. ワクチン接種を確認してくれること

知らないネコ同士が対面するとストレスになので、個室に近い状態が理想的です。

予防接種の有無を確認をしてくる施設は、管理もしっかりしている場合が多いです。

トラブルが起きたときのために、保障範囲も確認しておきましょう。


まとめ


ネコを旅行中に預けるための3パターンを紹介しましたが、

それぞれ一長一短がありますので、それを踏まえたうえでプランを選びましょう(^^)

それでは、よいご旅行を(^_-)-☆


【さみしい】猫の留守番は最長何日が限界なのか調べてみた

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。