しつけの問題?!猫の威嚇がひどくなる原因と3つの対処法

猫の威嚇いかくが怖い!何かよい対処法はないの?

子猫のときはおとなしかったのに、最近やたらと威嚇してくるようになった。。

いったい何が気に入らないの?

スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">


猫が威嚇してくる原因


猫は「狩り」をして、縄張り(テリトリー)もつことで自信をつけていきます。

自信に満ちている猫ちゃんは、飼い主を威嚇してくるようなことはありません。

縄張りに対する不安があると、自分を守ろうと攻撃的になっている場合が多いです。


猫が不安を感じるとき

  • 同居人(家族や知人)が増えたとき
  • 新入りの猫を迎えたとき
  • 部屋の模様替えをしたとき
  • 猫の愛着があるものを捨てられたとき
  • 引越し…などなど

  • 猫は環境の変化が大の苦手。。

    環境に目立つ変化がないのに、だんだん猫の威嚇がひどくなってくるケースもあります。

    今の環境が大人の猫に合わないのか、猫が成長して縄張り意識が強くなった可能性があります。


    猫の威嚇3つの対処法


    猫は「狩り」をして、自分のテリトリーを持つことで自信をつけていきます。

    逆に狩できない猫、テリトリーを持てない猫は一人前扱いされません。

    猫にとってのテリトリーとは自分の匂いに包まれた憩いの場所で唯一の財産です。


    1.猫の居場所をつくること


    猫を飼っている家を見たときに、非常に整っているケースがあります。

    猫を飼っているのに、猫を飼っている気配がない部屋とでもいいますか…

    つまり、猫にとって愛着を感じない家であってはいけません。




    猫にとって愛着がある家とは、自分の匂いに包まれた場所。

    爪とぎ、寝床など、猫のグッズを増やしてあげるのが効果的です。

    それらを家中に分散して置くことで、猫ちゃんの匂いを拡散してあげます。


    それらのグッズも猫にとってはテリトリーの一部。

    壁などに猫の棚をつくって、居場所をつくってあげてもよいと思います。

    【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン


    2.猫と一緒に遊ぶこと


    猫とよい関係を築くには猫と一緒に遊ぶことが非常に大切です。

    猫の遊びとは「狩り」ことで、狩りをすることで自信を取り戻します。

    飼い主の優位性も示すこともできるので、とても有効な方法なんです。




    飼い主が猫に触れるとき、緊張していると猫に伝わってしまいます。

    そうなると猫の方も緊張してしまい、反射的に攻撃態勢になってしまいます。

    堂々とした態度で接することで、猫を安心させてあげることが大切です。


    【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方

    スポンサーリンク


    3.外の世界に触れさせる




    猫によっては縄張り意識が強く、広いテリトリー感覚をもつ場合もあります。

    外の世界に触れさせることで、テリトリーを拡大してあげるのも必要です。

    また、室内飼いのストレスから開放してあげるのも効果的です。


    はじめて猫に散歩をさせるときは、

    猫にハーネス&リードをつけて散歩させ、少しずつ外の世界に慣れさせること。

    散歩の効果によって、室内でのスプレー行動がなくなる場合もあります。

    【ハーネスを嫌がる】猫とお散歩!超簡単なリードの取りつけ方


    まとめ


    猫の威嚇の原因は、猫の住環境に問題がある場合が多く、

    猫にとって愛着のある部屋づくりをすることが大切です。

    一緒に遊んで猫に自信をつけさせてあげることが最も大切!


    【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

    スポンサーリンク



    スポンサーリンク








    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。