【長毛種】どれがオススメ?猫のブラシ4タイプ【短毛種】

猫のブラシっていろいろあるけど、どれを使えばよいの?

いろいろなタイプのブラシがあるので、どれを買ったらよいのか迷ってしまう。。

というわけで、ネコのブラシについて調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫のブラシの種類と使い分け


ペット用のブラシには4つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。

長毛のネコ、短毛のネコ、それぞれ適したタイプのブラシを選びましょう。

長毛のネコちゃんには「コーム」と「ブラシ」両方あると便利でしょう。


1.コーム


コームは毛並みを整えるくしのことで「荒い目」「細い目」両方ついているものが便利。

おもに粗い目で毛の絡みや毛玉を取り、細い目はノミ取り用として使います。

短毛のネコちゃんならブラシがあれば十分ですが、ノミが気になるようならコームも。




長毛のネコちゃんをお風呂に入れるときは先にコームで毛の絡みを取ってあげる必要があります。

毛をとかさないままお風呂に入れると、あとで毛玉になって取れなくなってしまいます。


2.スリッカー




コームは被毛を整えるのに対し、スリッカーは抜け毛を取り除くものです。

長毛のネコちゃんはコームで毛玉を取ってからスリッカーを使うようにします。

毛玉になりにくいタイプであればスリッカーだけでもOKですよ(^^)




刺激が強いときはソフトスリッカーもありますのでネコの好みに合わせて使いましょう。

スリッカーには長毛用と短毛用がありますので購入するときは注意しましょう。


3.ラバーブラシ


スリッカーブラシの代わりにラバーブラシを使うこともできます。

ラバーブラシは摩擦が大きいので、毛が引っ張られると嫌がるネコちゃんもいます。

うちのネコちゃんは苦手なようで、もっぱらスリッカーを愛用しています。




お風呂では重宝するアイテムなので1つ持っていてもよいですね。

シャンプーしながらラバーブラシを使うと被毛の奥まで洗うことができます。

ちなみに素材はシリコンです。


4.ファーミネーター


ファーミネーターは特殊な刃で不要な毛を絡め取って除くアイテムです。

2~3週間後に抜け落ちる毛だけ取り除くので健康な毛を切ったりすることがありません。

アンダーコートだけゴッソリ取れちゃうので夏の暑さ対策としても使えますね。




ブラッシングのコツ


ブラッシングは頭から尻尾、上から下というように毛並みに沿って行いましょう

長毛のネコちゃんは一度に広い範囲をブラッシングしようとせず区分けして行いましょう。

お腹など毛玉になりやすい場所は念入りにブラッシングしておきましょう。

あらかじめネコの体を濡れタオルで拭いておくと静電気防止になりますよ(^^)


ブラッシングのコツ

  1. 顎~胸にかけては毛玉多発地帯
  2. お腹も毛玉ができやすいので念入りに
  3. ワキの下も忘れずに!
  4. 尻尾は敏感なのでやさしく!

ブラッシングするときはネコちゃんをリラックスさせてから行いましょう。

ワキの下はネコちゃんが舐めない場所なので忘れずにブラッシングしましょう。

毛玉になっているときはムリをせずコームでとかしてからするとよいです。

スポンサーリンク


まとめ


長毛のネコちゃんはコームとブラシ(またはスリッカー)の使い分けが必要。

コームで被毛を整えてからブラッシングしてあげるとネコが痛がらず作業もスムーズです。

ラバーブラシはシャンプーのときに威力を発揮してくれるでしょう(^_-)-☆


【換毛期】猫の抜け毛が多い時期はいつ?

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。