猫はストレスでてんかんになるの?!前兆や症状など調べてみた | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

猫はストレスでてんかんになるの?!前兆や症状など調べてみた

更新日 2016/09/16

猫はストレスが原因でてんかんになるの?


最近、普通に歩いていたネコが何の前兆もなく倒れて痙攣けいれんを起こしている動画をみました。

え?何で? という感じで、ちょっとショッキングでしたね。。

それで今回は、ネコが癲癇てんかんになる原因を調べてみました。

スポンサーリンク


ネコのてんかんの原因

 

近所の子ども(人間)が、よくてんかん発作を起こして救急車が来ていました。

ショッピングモールで、突然に痙攣発作を起こした子どもを見たこともあります。

テレビ画面などの点滅が引き金となり、痙攣発作を起こす場合もあるようです。



てんかんとは、脳の神経回路に異常な電流が流れてショートしている状態です。

その範囲小さければ、顔面や体の一部が痙攣するばその部分的な発作で治まりますが、

ショートが広範囲に及ぶときは、意識消失や全身痙攣など重度な症状がみられます。



というワケで、発作の発生場所や規模によって症状にも大小ありますが、

てんかんの前兆とは、小規模なショートともみることができますね。

 


一般的に全身が痙攣するような大きなものでは、

意識を失ってから倒れ、筋肉がつっぱってからピクピクと痙攣しはじめます。

ネコ場合てんかんの前兆は短く、発作は数秒~数分間続き、突然終了します。


 icon-medkit てんかん発作を放置しておくと脳に深刻なダメージを与えるので、

発作が30分以上続く場合には命に関るので緊急処置が必要です。


 icon-arrow-circle-o-down ネコのてんかんの主な原因

  1. 難産での低酸素脳症
  2. 脳神経の異常
  3. ウイルス感染
  4. 脳腫瘍、脳梗塞や脳卒中
  5. 事故や外傷
  6. 原因不明


てんかんには2種類あり、「特発性てんかん」と「症候性てんかん」に分けられます。

突発性てんかんは原因不明のもので、症候性てんかんは原因がわかっているものです。



低酸素脳症・ウイルス感染・脳の病気などが原因でてんかんになります。

肝不全による肝性脳症や、腎不全などの病気でもてんかんになります。

つまり、これらは「症候性てんかん」と呼ばれるものです。




生まれつきの脳神経の異常や原因不明の場合は「特発性てんかん」と呼ばれています。

ネコ場合には、この特発性てんかんはマレで、おもに症候性てんかんが原因と考えられています。



ちなみに、てんかんとは発作を繰り返す病気のことでなので、

症状の大小にかかわらず、1度だけの発作ではてんかんとは呼ばないそうです。

年に1度のサイクルでも繰り返すのであれば、てんかんと呼ぶとのこと。


ネコのストレスとてんかんの関係性は解明されていませんが、

ストレスが、脳の神経回路に影響を及ぼすのは解っているようですから、

ストレスが引き金になり、てんかん発作を誘発するのかも知れませんね。


 icon-arrow-circle-o-right 【夜驚症】ほんとうに寝てるの?猫が睡眠中に痙攣する原因

スポンサーリンク


ネコのてんかんの治療

 

 icon-medkit ネコのてんかんの治療には「抗てんかん治療薬」を用いるそうです。

ネコ専用の薬はないので、人間の薬を代用するとのこと。

 

まとめ

 

ネコのてんかんの原因は、脳の電気回路のショートが広がったため。

症状はショートが部分的なのか、脳全体なのかで変わってきます。

 

ネコのテンカンは、人間の薬を使って治療するしかないようです。

てんかんには原因不明のものもあり、ストレスの可能性もありです。

それでは楽しいネコライフを(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコの冬支度




注目されている猫(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 猫はストレスでてんかんになるの?!前兆や症状など調べてみた