【禁止】食べてはいけない!猫に危険な5つの食べ物【禁忌】 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【禁止】食べてはいけない!猫に危険な5つの食べ物【禁忌】

更新日 2016/09/09

猫が食べてはいけない危険な食べ物を調べてみた


身近な食べ物でも、ネコに重大なダメージを与えるものがあります。

今回は、ネコが避けるべき食材などをピックアップしてみました。

スポンサーリンク


ネコが食べてはいけない5つの食べ物



ネコが食べてはいけないものはピンからキリまでありますが、

その中には、馴染なじみみのある植物や花、日頃よく使われる食材なども含まれています。


ポインセチア


クリスマスによく飾られている「ポインセチア」にも注意が必要です。

ポインセチアの葉をネコが食べると、下痢や吐き気を引き起こす場合があるのです。

とくに観葉植物などは種類も多く、例をげるとキリがありません。。


1、タマネギ・長ネギ

 

タマネギ&ネギは、ネコにとって危険度ナンバー・ワンの食材です。

タマネギ中毒とも呼ばれいて、ネコがこれを食べると赤血球が破壊されてしまいます。

危険な食材としては有名なんですが、致死量などの明確なデータはありません。

 
チューリップも危険


基本的にタマネギ、ニラ、ニンニクなどのユリ科の植物はネコに害があります。

それらの食材を煮込んであるスープも危険なので、エサを手作りする場合は要注意。

ニンニクにもネギと同じ成分が含まれていますが、比較的症状は軽いといわれています。


ユリ科の花では、スズラン、ヒヤシンス、チューリップなどは危険です

ユリ科ではありませんが、庭先でよく見かけるアジサイも危険なんですよ。

ネコが食べると嘔吐・下痢、症状が重ければ痙攣・麻痺などを起こします。


 icon-arrow-circle-o-right 膀胱炎?原因不明の猫の血尿の正体はアレだった!

 

2、カカオ(チョコレート)

 

ご存知のとおり、カカオはチョコレートやココアなどに含まれているものです。

ビターチョコはカカオ含有量も多くなるので、さらに危険度も増します。


間違って口に入れると危険


ネコやイヌにとって中毒を起こす成分が含まれていて、下痢や嘔吐を引き起こします。

ネコの心臓に負担をかけ、不整脈などの発作を起こして亡くなるケースもあります。

というわけで、チョコレートはネコにとって危険度大なんです。


3、トマト



少し意外に思うかも知れませんが、野菜のトマトにも注意が必要です。

トマトの実には問題はないのですが、葉や茎で皮膚のかぶれを起こすことがあります。

ベランダ菜園などで、トマトを育てている方は注意して下さいね。


4、アワビ・サザエ・トリガイ

 

魚介類で最も注意が必要なのは、身近なものでアワビやサザエです。

アワビは高級食材なので、身近な食材ではないのかもの知れませんが。。


わが家の食卓にはムリ


「アワビを食べると猫の耳が落ちる」といわれいますが、これは本当なんです。

正確には、アワビを食べてから長時間日光(紫外線)を浴びることで皮膚炎になります。

とくにネコの毛の薄い部分…耳などに症状が現れますね。



実際に耳が壊死を起こしてしまい、耳がボロボロになってしまったネコもいるようです。

ネコ耳がないネコちゃんなんて…とても悲しいです。。

 

5、スルメ(イカ・タコ)

 

スルメ自体には有害な成分はないのですが、問題なのは消化に悪いこと。

スルメは水分を含むとふくれるので、胃腸障害になる場合があります。

また、ネコが生のイカやタコを食べると「ビタミンB1欠乏症」の原因にもなります。


サバ・アジ・イワシなども、食べ過ぎなければ問題はないのですが、

青魚の食べ過ぎは黄色脂肪症(イエローファット)になりやすいので、ほどほどに。


6、番外編

 

レーズンやぶどうを食べたイヌが、重篤な症状になったという報告があります。

症状としては嘔吐・下痢、最悪な場合には腎不全になるケースもあるそうです。


同じ量のぶどうを食べたとしても、症状には個体差があるようです。

重い症状が出る犬もいれば、全く平気な犬もいるみたいですね。

これらは犬での話ですが、ネコが食べても害がないという保証はありません。

スポンサーリンク


猫の味覚について



食べ物の話が続きましたので、ついでにネコの味覚について触れたいと思います。

ネコは味音痴といわれていますが、それは味を感じる器官が人間の10分の1しかないためです。

その器官は味蕾みらいと呼ばれ、人間が4,000~5,000個あるのに対しネコは400個程度。



ネコは甘味や塩味には鈍感ですが、その一方で苦味や酸味にはとても敏感です。

これも腐っているものや、毒のあるもの避けるための自然界の知恵なのでしょう。



ネコにとって味覚はそれほど重要ではなく、むしろ嗅覚の方が重要なんです。

ネコはエサを丸呑みにしちゃいますから、味は二の次なのです。

その一方、ネコ風邪などで鼻がつまっちゃうとエサを食べなくなりますね。




ちなみに、ネコが苦いもの食べた場合には口から泡を吹いて大騒ぎしますよ。

それほどまでに、ネコは苦いのが苦手なんですね(^^)

これはネコに限ったことではなく、肉食動物全般にいえることです。


ネコは味音痴のくせに水の味にはうるさい、という話をよく耳にします。

味というよりは、匂いにうるさいのだと個人的に考えています。


まとめ

 

身近にある食べ物で、ネコに最も危険なものはタマネギ・長ネギなどのネギ類。

それらの食材は、ネコが齧らないようにネットに入れておきましょう。

それでは安全なネコライフを!(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【サーモン マグロ】魚好きの猫に刺身を与えてはいけない3つの理由

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコの冬支度




注目されている猫(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの健康ケア » 【禁止】食べてはいけない!猫に危険な5つの食べ物【禁忌】