【留守番】猫を旅行中に1週間預けるときの3つの選択【注意点】 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【留守番】猫を旅行中に1週間預けるときの3つの選択【注意点】

icon-share 2015/03/11 icon-edit 2015/05/29

猫を旅行中に一週間ほど預けるつもり…でも心配。。


旅行とか事情があって、長期間留守にするときってあるじゃないですか。。

ネコをどこに預けたらいいのか、相場や注意点など調べてみました。

スポンサーリンク


ネコを預けるときの注意点

 

ネコを自宅に1週間も留守番させるとなると無理がありますから、

やっぱり、ペットホテルなどに預ける方法をとることになりますよね。

 


だいたい、知人・ペットホテルや病院・ペットシッターの3パターンになるかと思います。

 icon-arrow-circle-o-down それで、3パターンそれぞれの注意点や料金の相場などをまとめました。

 

知人に預ける

 

icon-home 自分の自宅から実家が近ければ、実家でネコを預かってもらうことができます。

そのときは、ケージや食器・エサ・ネコグッズなど一式もって行きますよ。

 

まぁ、預けられた猫のほうも慣れない環境で、威嚇したり夜鳴きするかも知れません。

トイレ掃除や、エサの交換のときに脱走されたら、とってもマズい状況にもなります。

そのことを、知人や親類の方によく説明しなければなりませんね。

 

ネコに知らない土地で逃走されたら、十中八九見つけることができません。。

icon-arrow-circle-o-right 【行動範囲】猫が脱走して迷子になった!探す距離どのくらい?

 

そうなる可能性もあることを前提として、覚悟して預けましょう…恨みっこなしですね。

面倒見てもらった方には、それ相当のお土産を用意したほうがいいですね(^^)

 

ペットホテルや動物病院など

 

icon-hospital ペットホテル以外にも、大きなペットショップや病院を利用できるところもあります。

だいたい預けるときの相場は、1泊2500円~5000円程度になるかと思います。

 

基本的に飛び込みはNGで、それと下見はしておいたほうがいいですね。

 icon-exclamation-triangle 万が一事故が起きた場合の保障などについても、チェック icon-check-square-o しておいた方がいいです。



 icon-medkit ホテルよりも病院に預けるほうが、体長が悪くなっときには安心できますよね。

 icon-check-square ペットホテルのチェックポイント


  1. ネコとイヌのエリヤが区別されているか
  2. 清潔か
  3. 隣のケージが壁で区切られているか
  4. ワクチン接種の確認など…


3の補足なのですが、隣のネコが見えないようになっているのかということです。

知らないネコ同士が対面すると、ストレスになりますから。

予防接種宇野確認をしてくるホテルは、管理もしっかりしている場合が多いです。

スポンサーリンク


 シッター

 

icon-female ペットショップに所属しているシッターなどですね。

自宅に通ってくれてネコの世話をしてくれます。相場は3000~4000円程度です。

 

老ネコや病気のネコなど、移動させないほうがよい場合などには重宝します。

しかし、自宅のカギを他人に預けるわけですから、事故がないとは限りません。。

他人が自宅に入るわけですから、貴重品などはしっかりと管理しておきましょう。

 

まとめ

 

ネコを旅行中に預けるための3パターンを紹介しましたが、

それぞれ一長一短がありますので、それを踏まえたうえでプランを選びましょう(^^)

 icon-plane それでは、よいご旅行を(^_-)-☆

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらのコンテンツもどうぞ

スポンサーリンク

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのお留守番 » 【留守番】猫を旅行中に1週間預けるときの3つの選択【注意点】