もはや犬?!大型の猫を飼いたい人にオススメの5つの品種 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

もはや犬?!大型の猫を飼いたい人にオススメの5つの品種

icon-share 2015/03/01 icon-edit 2017/04/29

犬のような大型ネコを飼いたい人のための品種をチョイス!


犬っぽい大型ネコで、モフモフいやされたい方もいると思います。

そんなあなたのために、5つの品種をピックアップしてみましたよ。

スポンサーリンク


大型猫のオススメ5品種

 

ネコの大型種を調べてみますと、短毛種よりも長毛種の方が多いです。

北国発祥の品種が多く、寒さに耐えるために体も大きいです。

大きいものでは、体重が10kgを超えるネコちゃんもいますよ(^^)




大きいネコが愛されるワケは、見た目の迫力もありますが、

一般的に温厚な性格が多く、イヌのような人懐っこさがあるからなんです。

大型のネコは成長が遅く、大人になるまで3年~4年かかります(^^ゞ


 icon-arrow-circle-o-down 大きなネコの品種で、代表なものを5つピックアップしました。


1、メインクーン

 

 icon-check-square-o メインクーンはアメリカで初めて自然発生したネコとして知られています。

確実にデカくなることで有名で、そのデカでは世界一クラスです。

 
ぱっやり、デカいです!


このネコは人気もありますか、まず外すことはないと思います。

もともと海賊に好んで飼われていたそうで、船内のネズミ取りが役目でした。

足がグローブのように大きくて、狩りがとても上手です。



好奇心も旺盛で遊ぶのも大好きなので、とっても人気があります。

ちなみにギネス記録はメインクーンの15.8キログラムで米10キロよりも重いです。。


 icon-arrow-circle-o-right 【超巨大猫】メインクーンの性格と子猫の値段を調べてみた

 

2、ラグドール

 

ラグドールはアメリカ原産の中型種になりますが、15kgを超えるデカいネコもいます。

この品種はオスはデカいのですが、それに比べてメスが小柄なのも特徴ですね。

ちなみに、オスは7~8kgほどになりますが、メスは4~5kgほどしかありません。




ラグドール(Ragdoll)はヌイグルミという意味で、まさに「抱きネコ」ですよ(^^)

抱いたときの脱力した姿勢が、ヌイグルミに似ていることから名付けられました。


 icon-arrow-circle-o-right 【テディベアでいいです】ラグドールの性格と子猫の値段について

 

3、サイベリアン

 

 icon-check-square-o サイベリアンはロシア原産で、厳しい寒さに鍛えられた品種です。

1000年以上前から生息していたとされ、長毛種の祖先とも考えられているようです。

サイベリアンは、メインクーンの次に大きいネコです。




ワイルドな外見が人気で、成長すると体重6~10kg前後になります。

夏用の被毛と冬用の被毛とで、ガラリと雰囲気が変わるのも魅力です。

ネコの中では最もアレルゲンが少ないので、アレルギー体質の人でも飼うことができます。


 icon-arrow-circle-o-right 【パワフル】サイベリアンの性格と子猫の値段をしらべてみた


4、ラガマフィン

 

ラガマフィンは、ラグドールやメインクーンから交配されたのでデカいです。

成長が遅く、大人になるまでに3~4年かかります。

大きいネコは、子ネコの期間を長く楽しみたい人にも向いていますね。

 
ラグドールより精悍な顔つき


成ネコになると10kg程度に成長するそうですから、血は争えません。。

やっぱりメインクーンの血統を受け継いでいるので、好奇心旺盛で遊びが好きですよ!


 icon-arrow-circle-o-right 【長寿】ラガマフィンの性格と子猫の値段をしらべてみた

 

5、ノルウェージャンフォレスト

 

ノルウェージャンフォレストキャットは、その名のとおりノルウェーが原産です。

 icon-check-square-o ノルウェーでは「森の妖精」といわれていて、北欧の神話にも登場しています。

一時は絶滅の危機になるほど頭数が減ってしまったそうです。。




成ネコになるまで3~4年かかり、成長すると7㎏前後になります。

ペットショップでよく見かけるので、入手しやすい品種でもあります。


 icon-arrow-circle-o-right ノルウェージャンフォレストキャットの性格と子猫の値段まとめ
 

スポンサーリンク


メインクーンはこんな猫



 icon-youtube-play 大きなネコちゃんメインクーンを動画で紹介してみました(^^)

被毛のバリエーションも豊富ですから参考にして下さいね。






まとめ

 

ネコで一番大きいのはメインクーンで、犬並に人懐っこいです。

大型種のネコは、しつけをしっかりしないと苦労するようですよ(^^ゞ

とくに、大切な家具などへの爪とぎは深刻な問題になります。。

それでは、楽しい大型ネコライフを(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【猫図鑑】どれが好き?世界の猫の種類をピックアップ!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの種類 » もはや犬?!大型の猫を飼いたい人にオススメの5つの品種