キャットフードのせい?猫が血軟便になる3つの原因 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

キャットフードのせい?猫が血軟便になる3つの原因

更新日 2016/09/29

猫のキャットフードを切り替えたら軟便になって焦った


おまけに、ウンチに血のようなようなものが混じっています。。

今回は、ネコが血軟便になる原因を調べてみました。

スポンサーリンク


猫が血軟便になる3つの原因



子ネコが大人になると、一般的にアダルトのフードに切替えるワケですが、

フードを切替えた途端に軟便、もしくは下痢になってしまうネコちゃんがいます。

ひどいときには、血便になることもあるんです。


1、エサの相性がよくないとき



ネコとフードの相性が悪くて、軟便や下痢になることがよくあります。

食物アレルギーともなると、血便になることもあります。

フードを切替えるときは、様子を見ながら徐々に切替えていくのがよいですね。




実はフードばかりではなく、食器が原因でアレルギーになることもあります。


うちのネコが小さいときは、よく吐いたり下痢をしていました。

最初は、ネコの住環境によるストレスが原因かと思っていましたが、

取りあえずエサを替えてみたら、嘘のように下痢をしなくなりましたね。



 icon-arrow-circle-o-right 【要注意】猫のキャットフードアレルギー3つの症状と治し方


2、異物の誤飲



ネコが変なものをかじったり飲み込んだりすると、急性胃腸炎になることがあります。

急性胃腸炎では嘔吐や下痢がみられ、ひどいときには血便になることもあります。

とくに、齧り癖や悪食のあるネコちゃんには注意が必要ですね。




紐状のネコのオモチャや、ビニールの切れ端には注意しましょう。

クリスマスツリーのモールなどは、ネコが食べてしまうと腸閉塞になる危険があります。

また、ポインセチアなどの観葉植物の葉は、ネコが食べると下痢をします。


 icon-arrow-circle-o-right 【禁止】食べてはいけない!猫に危険な5つの食べ物【禁忌】


3、病気によるもの



ネコの消化器の病気に「炎症性腸疾患(IBD)」というものがあります。

ネコの腸に炎症が起きる病気ですが、難治性胃腸炎とも呼ばれています。


原因不明の慢性疾患で、長期にわたり食欲不振、嘔吐、下痢、血便などがみられますか、

症状がよくなったり悪くなったりを繰り返し、完治するのが難しい病気です。


 icon-medkit 嘔吐や下痢などを起こす病気で、猫パルボウイルス感染症があります。

またの名を「猫汎白血球減少症」「猫伝染性腸炎」とも呼ばれますが、

よっぽどひどくならないと、血便にまでになることはないようです。

スポンサーリンク


猫が下痢したときの注意



フードとの相性で、一時的な下痢になっているのは問題はありませんが、

長期的に下痢が続く場合には、脱水症状を起こしてしまうので危険です。

猫パルボウイルスによる腸炎では、免疫力が低下してしまい命に関ることがあります。

どちらにしろ下痢が続くようなら、速やかに動物病院へ連れて行く必要があります。


 icon-arrow-circle-o-right 【嘔吐】ウソでしょ!猫がご飯も食べないで緑色の胃液を吐く


まとめ

 

キャットフードを切り替えて、嘔吐や下痢をするときはアレルギーかも知れません。

元のキャットフードを戻すと治まりますが、治まらないときは病気を疑いましょう。

下痢が治まらないときは、速やかに病院へ行きましょう。


 icon-arrow-circle-o-right 病気じゃないのに!猫が餌を吐く5つの原因と対策

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコの冬支度




注目されている猫(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » キャットフードのせい?猫が血軟便になる3つの原因