【頑張れ】効果あるの?猫白血病のインターフェロン治療 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【頑張れ】効果あるの?猫白血病のインターフェロン治療

icon-share 2015/04/06 icon-edit 2016/09/16

猫の白血病の治療にはインターフェロンしか効果がないの?


今回は、ネコの白血病についてザックリとまとめてみました。

スポンサーリンク


ネコの白血病と死亡率の関係

 

もしネコが白血病ウイルスに感染して発症すると、3~4年で命を落とすそうです。

しかし、中には感染しても治ってしまうネコもいるようですね。

 


これは、感染したネコの年齢と密接な関係があるとようです。

icon-arrow-circle-o-down 白血病の感染年齢と死亡率をザックリまとめてみます。


  • 生まれたてで感染した場合は100%亡くなる
  • 生後2か月で感染すると50%が亡くなる
  • 1歳以上のネコが感染すると10%が亡くなる


これは、もし自分の飼っているネコが1歳以上ならば死亡率が低いということですね。

そのときに、もし他の病気で免疫力がおちていれば生存率は低くなります。。

 

ネコ白血病とインターフェロンの治療効果

 

ネコ白血病に感染して、まだ初期症状なら治療の効果は十分あるみたいです。

初期症状とは、風邪のような症状…熱がでたり食欲がなかったりというような感じです。

ネコ白血病に感染すると陽性になるまでに、1ヶ月程度かかります。

 icon-exclamation-triangle 感染しても2週間程度では陽性にならないので、注意が必要なようですね。

 

インターフェロンは、ウイルス増殖の阻止や細胞増殖を抑える効果があります。

そして免疫系に働きかけて、ネコの免疫力を高めてくれます。

感染初期は、ネコの免疫力まだ高いので治療をすれ治る可能性があるそうです。



インターフェロンを投与して、ネコの免疫力がウイルスに勝てば完治するそうです。

このようなネコは、再び白血病を発症することはないと言われています。

 

ですので、白血病ウイルスと闘うためにはインターフェロンは有効な治療法だと思います。

ネコの免疫力をサポートするのがインターフェロンです。



インターフェロンが病気を治すのではなく、ネコの免疫力が治すのですね。

 icon-arrow-circle-o-right 猫の白血病ワクチンは効果あるの?感染する3つ原因

スポンサーリンク


まとめ

 

インターフェロンの治療はネコの免疫力を高める効果があります。

ウイルスを撃退できるかどうかは、ネコの免疫力の強さによります。

 

ウイルスを持っていても発症しなければいいのです。

それでは、最後まであきらめないでネコライフを(^_-)-☆

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

この記事へのコメント

なによりも大切なのは、今の免疫力を維持することです。
ストレスは免疫力を低下させますので、ネコちゃんにストレスを与えないようにしましょう。

すごく心配なのもわかりますが、
ここは、獣医師を信頼して、相談しながら治療に専念しましょう。
サプリメントに関しても、獣医師と相談したほうがよいですね。
4歳の雌猫が白血病ですが、インターフェロンを投与しています。血小板が悪い数値です。サプリメントを与えてもいいのか、迷っています!熱も平熱です。食欲もあります。どうしたらよいでしょうか?
訪問ありがとうございます!

初期の白血病なら完治する可能性があります。

しかしながら、発見が遅れた場合は余命2〜3年前後といわれているようです。

病状にもよりますので、かかりつけの獣医師に相談なさるのがよいと思います。
4歳の雌猫が白血病です!インターフェロンを投与しております。どのくらい生きることが出来ますか?

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 【頑張れ】効果あるの?猫白血病のインターフェロン治療