【熱中症対策】猫にエアコンは必要?冷房とドライどっちを使う? | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【熱中症対策】猫にエアコンは必要?冷房とドライどっちを使う?

icon-share 2015/05/08 icon-edit 2016/07/20

ぶっちゃけ、猫にエアコンは必要ですか?


エアコンを嫌がるネコは意外に多いようですね。

なんでか、エアコンを避けてワザワザ暑いところで寝転んでいたりします。。

今回は、ネコとエアコンについての話題ですよ(^^)

スポンサーリンク


猫にエアコンは必要か

 

ネコにだけにエアコンを使う場面というと、ネコにお留守番をさせるときだと思います。

一人暮らしで日中に留守をしなければならない人などですよね。

 


 icon-check-square-o エアコンの使用目的は、夏ならネコが熱中症にならないようにするため。

冬なら低体温症にならないように…でも今回は夏場のエアコンの話題にしますね(^^ゞ

 

ぶっちゃけ、ネコにエアコンが必要になるかどうかは環境によります(^^ゞ

 icon-medkit ネコが熱中症になるときは、体温が急激に上がり40℃近くになると起こります。



ですので、締め切った部屋で風邪通しが悪く、室温が40℃近くになるときはエアコンが必要です。

逆に、部屋の風通しが良くて、涼しい場所に自由に移動できるならエアコンなしでもOKです。

 

 icon-arrow-circle-o-down エアコンが必要になるとき


  • 室温が40℃近くなる
  • 部屋を締め切っている
  • 風通しがない
  • 涼しい場所に移動できない
  • 子猫や老猫


 icon-arrow-circle-o-up 上記の条件に当てはまっているときは、素直にエアコンを使いましょう。

※涼しい場所とは、玄関・風呂場・トイレなどですね。

 icon-arrow-circle-o-right 【エアコンなし】猫が真夏にお留守番!暑さ対策3グッズ

スポンサーリンク


エアコンの冷房とドライについて

 

 icon-check-square-o エアコンの冷房とドライ(除湿)どっちが省エネなのかというとドライです。

除湿には「弱冷房除湿」と「再燃除湿」がありますが、省エネは弱冷房除湿の方ですね。

弱冷房除湿>冷房>再燃除湿の順で省エネ効果が高くなるそうです。

 
暑苦しいエアコン


弱冷房除湿または冷房は、28℃ぐらいの高い温度設定で使用するのがキモです。

熱中症ならなければOKなので、わたしなら30℃の設定でネコにお留守番させますね。



もちろん、自分がネコと一緒に部屋で涼むときは28℃設定にしますが(^^ゞ

 icon-arrow-circle-o-right 【一人暮らしの猫の飼い方】夏に絶対やってはいけない3つのこと

 

まとめ

 

ネコにエアコンが必要かどうかは環境しだい。室温が40℃近くなるときは使うべし。

もし、風通しだけで室温をコントロールできるなら、それが最も良い方法ですね。

それでは、今年も暑い夏をクリアしていきましょう(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【エアコンなし】猫が真夏にお留守番!暑さ対策3グッズ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

猫の暑さ対策

ピックアップ

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのお留守番 » 【熱中症対策】猫にエアコンは必要?冷房とドライどっちを使う?