【キャットフード】キャネットチップの評判と安全性はどうなの? | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【キャットフード】キャネットチップの評判と安全性はどうなの?

icon-share 2016/03/20 icon-edit 2016/11/12

キャットフードのキャネットチップの評判ってどうなの?


キャネットチップがダントツに安すぎて心配なんですが。。

今回は、キャネットの安全性について調べてみました。

スポンサーリンク


キャネットの評判と安全性



キャネットは、安いといわれるキャットフードの中でもダントツに安いフードです。

販売元は「ペットライン」という会社で、母体は「日本農産工業株式会社」になります。


2.7kgで698円(税抜き)


日本農産工業株式会社は配合飼料業界のトップメーカーです。

実はキャネットは、国産第一号のキャットドライフードなんです(^^)


キャネットチップの口コミ評判



激安のキャットフードの気になる評判は…

  1. 喜んで食べてくれる
  2. 他の商品と比べてコスパが良い
  3. いつも食べているので体調が良い
  4. かなり食いつきが良い
  5. バリエーションも多いのが嬉しい
  6. 半分のサイズもあるとよい…など


とにかく食いつきがよく、コスパに優れたキャットフードですね。


キャネットチップの原材料



次に、キャネットの原材料です。

穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、等)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、白身魚エキス、等)、豆類(おから、脱脂大豆、等)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸)、肉類(チキンミール、チキンレバーパウダー、ビーフパウダー、等)、卵類(ヨード卵粉末)、果実類(アップルポメス)、セルロース、ビール酵母、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール

キャネットチップ 毛玉サポート お肉とお魚ミックス


たんぱく質27.0%以上、約350kca/100g、猫の総合栄養食。

メインの動物性タンパク質はフィッシュミールとチキンミールですね。

マグネシウム含有量は0.12%と、標準値です。


ビール酵母は、ネコの胃腸の働きの改善してるれる作用があります。

酸化防止剤の「ミックストコフェロール」は、ビタミンEのことですね。


特徴的なのは、「ヨード卵・光」の粉末を配合していること。

母体の日本農産工業株式会社は、ヨード卵を販売している会社でもあるのです(^^)

スポンサーリンク


キャネットチップの安全性



原材料を見る限りでは、化学的な保存料も含まれていないようですね。

むしろ、合成着色料も使用していない分、他の安いフードに比べて安全性が高いです(^^)

AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準を満たしています。

ペットラインの企業理念

ペットラインは、”愛情を品質に。”をモットーに、これからもペットオーナーとペットに役立つ商品と情報を積極的にお届けしてまいります。




 icon-arrow-circle-o-right 【キャットフードの口コミ】メディファスの評判をしらべてみた


まとめ



40年以上も愛されている、ロングセラーキャットフーです。

合成着色料・合成保存料しようしない、安心なキャットフードといえると思います。

何気に「ヨード卵・光」の関連会社だったとは意外でした(^^)





 icon-arrow-circle-o-right 【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

ピックアップ

ネコの冬支度

ネコ風邪 特集

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » キャットフード特集 » 【キャットフード】キャネットチップの評判と安全性はどうなの?