【カラフルで危険?】キャットフードの着色料について調べてみた | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【カラフルで危険?】キャットフードの着色料について調べてみた

icon-share 2016/03/15 icon-edit 2016/07/01

キャットフードに使われている着色料ってどうなの?


今回はキャットフードの着色料について調べてみました。

スポンサーリンク


キャットフードを着色する理由



キャットフードの原材料を見ると、赤色○号、黄色○号と書かれています。

それらは合成着色料と呼ばれ、キャットフードを鮮やかにしてくれます。




着色料を使うのはネコのためではなく、飼い主に商品を買わせるためです。

カラフルな方が美味しそうに見えるというワケですね。


ネコの色覚は赤い色を判別できませんから、

エサがカラフルになったからといって、食欲が増すものでもありません。


キャットフードの着色料の安全性



赤色○号、黄色○号とは合成着色料のことで、化学的合成でつくられます。

 icon-arrow-circle-o-down キャットフードに使われている、おもな着色料です。


  • 食用黄色5号…発がん性、ぜんそくのアレルゲンになる
  • 食用黄色4号…じんましんなどの原因になる
  • 食用黄色5号…発がん性、ぜんそくのアレルゲンになる
  • 食用青色1号…発がん性がある
  • 食用青色2号…染色体異常が起きる
  • 食用赤色3号…発がん性がある
  • 食用赤色40号…アレルギーの原因になる
  • 食用赤色102号…アレルギーの原因になる


発がん性・アレルギーの原因になるものが多いのですが、

これら全ての合成着色料は、日本での使用を認められています。

通常レベルの使用する分には、健康を害することはありません。


子どもはカラフルな色が好き


これらは、お菓子、かまぼこ、漬物などの着色料として使われています。

キャットフードでは、3~4つの着色料を組合せて使われています。

スポンサーリンク


ネコへの着色料の影響



アレルギー体質のネコであれば、着色料がアレルゲンになる可能性があります。

エサをよく食べるのに、下痢や血便がみられるときはアレルギーが原因かも知れません。


 icon-arrow-circle-o-right 【要注意】猫のキャットフードアレルギー3つの症状と治し方


まとめ



キャットフードの着色料は、ネコの食欲を増すものではありません。

合成着色料には、発がん性やアレルギーの原因になるものもありますが、

一般的に使用されているレベルでは問題になることはありません。


 icon-arrow-circle-o-right 【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

注目されてます(=^・・^=)

ピックアップ

ネコ風邪 特集

ネコの冬支度

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

お部屋の臭い対策

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » キャットフード特集 » 【カラフルで危険?】キャットフードの着色料について調べてみた