【叱っちゃダメ!】どうしたの?老猫のトイレの失敗3つの原因 | ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

【叱っちゃダメ!】どうしたの?老猫のトイレの失敗3つの原因

投稿 2015/09/05|更新 2018/11/17

老猫がトイレを失敗してしまう原因はなに?


今までこんなことはなかったのに…ボケちゃったせいなのでしょうか?

今回は、老猫の粗相そそうの原因について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

老猫のトイレの失敗3つの原因



老若問わず、ネコちゃんのトラブルで多いのはトイレに関するお悩み。

今回は老齢のネコちゃんの視点で、その原因を調べてみました。

意外に気がつかなかったりします(^_-)-☆


1.病気が原因


いつまでも元気でいてね


ネコちゃんが粗相しちゃったときは、先ず疑ってみるのが泌尿器の病気。

トイレでオシッコをすると痛いので、別の場所でしちゃうことが多いです。

シニア期に入ると病気のリスクが高くなるので、先ずは獣医師に相談しましょう。


ネコも老齢になると、痴呆症になることがあります。

トイレの場所を忘れてしまって、粗相をすることもあります。

また股関節炎などがあると、痛みから粗相をしてしまいます。


 icon-arrow-circle-o-right 【ストレス】病気なの?猫の粗相が治らない3つの原因


2.トイレに入れない



老齢のネコちゃんは足腰が弱くなっています。

そのため、トイレの入り口を越えることが難しくなってくるのです。

システムトイレなどは入り口が高くなっていますね。




老齢のネコちゃんには「バリアフリー」にしてあげる必要がありますね。

手前にスロープや階段を用意して、入りやすくしてあげるのもよいでしょう。

これは、関節炎など患っているネコちゃんにもオススメです。


 icon-arrow-circle-o-right 老猫が夜鳴くようになった理由はボケ?!良い対策はないの?


3.トイレが間に合わない




トイレに間に合わなくて、途中でお漏らしするケースがあります。

寝床の近くにトイレを移動してあげるか、トイレの数を増やしてもよいですね。

それでも難しいようなら、オムツをつけることも考えます。

スポンサーリンク


猫の介護について




老齢ばかりではなく、事故や病気で体が不自由になることがあります。

ネコちゃんの状況によっては、排泄の手助けをする必要性もあります。


1.自力で排泄できない場合



尿は1日3回、膀胱を軽く押して排尿を促します。

ウンチは1日1回、肛門に向けてお腹をマッサージして排便を促します。

いずれも、獣医師に相談してから行うようにしましょう。


2.寝たきりになった場合



排泄は前項と同じですが、寝たきりなると床ズレになることがあります。

床ズレ防止用のクッションを置いてあげ、ときどき姿勢を変えるようにします。

そして小まめに洗濯して、寝床を清潔に保つのを忘れずに。


まとめ



老猫のトイレの失敗は、泌尿器系の病気の可能性があるのかも。

ネコの老化の兆候は、早ければ7歳から現れてきますので、

ネコちゃんが8歳以上になったら、毎年の健康診断をオススメします(^_-)-☆


 icon-arrow-circle-o-right 【思い出をありがとう】猫の安楽死のタイミングについて

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

ピックアップ

ネコの予防接種(ワクチン)特集

【特集】猫の風邪

お部屋の臭い対策

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

ねこネコ.ねっと|猫の飼い方 TOP » ネコの病気 » 【叱っちゃダメ!】どうしたの?老猫のトイレの失敗3つの原因