【ストレス】寂しいの?猫が夜鳴くようになった3つの原因

猫が夜鳴くようになってしまったのはなぜ?

ネコが夜鳴きするようになって、眠ることができません。。なんでなの?

今回は、ネコが夜鳴くようにたった原因を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">


ネコが夜鳴くようになった3つの原因


ストレスを感じているネコちゃんは、鳴き続けたり、威嚇するようになります。

中にはグルーミングを長時間し続け、その部分が禿げてしまうことも。

そういったサインは、ネコちゃんの心の叫び…危険信号でもあるのです。




それではネコが夜鳴きようになるとき、どんなケースが考えられるのでしょうか?


1.欲求不満よるもの


ネコが夜鳴きやまないときは、エネルギーを発散できてない場合が多いですね。

ネコとの遊びが足りてないので、欲求不満になっているケース。

この場合、就寝前にネコちゃんとしっかり遊んであげることで解決します。




ベンガルやスフィンクスなど、エネルギッシュネコちゃんに多いです。

しっかりとエネルギーを発散してあげれば、朝までぐっすりと寝てくれるはずよ。


ネコの血液検査をして白血球が1500個以下ならストレスがあるそうです(>_<)

仮にネコがストレスを感じていて、白血球の数値が下がってしまった場合には、

免疫力が低下すると病気になりやすくなるので、ストレスは万病の元ですね。


【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方


2.夜の訪問者のせい


夜になると家の周りや庭先に、ノラ猫が出没する場合があります。

そのような場合、縄張りの不安からネコが夜鳴きすることも。

地域によっては、タヌキやハクビシンなどの野生動物が原因のこともありますね(^^ゞ




ノラ猫の場合、捕獲して去勢してあげれば来なくなります。


【地域猫】痛くないの?猫の耳がカットされてる意味とは?


3.病気の場合もある


老齢のネコちゃんによくみられるのが、甲状腺機能亢進症という病気。

性格が攻撃的になり、動作が活発になって発情期のようになります。

8歳以上のネコちゃんに多い病気なので注意しましょう。


【老化の兆候】老猫は何歳からなの?夜鳴くのは老化現象?

スポンサーリンク


また発情期になることも


まれにメス猫は避妊手術をしても、また発情期になるケースがあります。

手術で卵巣をとっても、また後から卵巣ができることがあります。

あとからできる卵巣を「副卵巣ふくらんそう」と呼ぶそうです。


副卵巣を摘出しようとした場合、肉眼で見えずに手術ができないこともあるそうです。

そうなった場合には、また発情期になって夜鳴きするようになります。。


オス猫が去勢後も発情期になった?!その原因と対処方法


まとめ


若いネコちゃんが夜鳴きする場合には、遊びが足りていないのかも。

老齢ネコちゃんの突然の夜鳴きは、甲状腺の病気の疑いも。

病気のケースもあるので、まずは獣医師に相談しましょう(^_-)-☆


【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。