【緊急事態】猫が餌を食べないで寝る時間が増えたのは病気?

猫があまり餌を食べないで寝てばかります。。病気ですか?

今回は、ネコがエサを食べないで、寝る時間が増えた原因についてです

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

寝るのが長いと病気なの?


ネコがエサを食べなくなり、寝る時間が増える病気があります。

それは「肝リピドーシス」といい、脂肪肝のことです。

肝臓に脂肪がついてフォアグラ状態になってしまう病気です。




脂肪肝といえば恐くないように聞こえますが、それは人間の場合です。

ネコの脂肪肝は人間と異なり、放っておくと命に関わることもある恐い病気です。


ネコが脂肪肝になると胃腸障害になり、体重が減少したり脱水にるみたいです。

さらに症状が進むと黄疸が出て、意識障害や痙攣が起こり命に関わります。。


ネコのダイエットの落とし穴


糖尿病になると脂肪肝になりやすいといわれています。

また、急激なダイエットでも脂肪肝になるのがネコの特徴でもあります。


コは3日~数日何も食べないと、肝細胞が脂肪に置き換わるそうです。

脂肪を栄養にするわけですが、使いきれないので脂肪肝になってしまいます。


病院でネコが糖尿病と診断されて、慌ててダイエットをさせる飼い主がいます。

過激なダイエットでネコを脂肪肝にしてしまうケースもあるそうです。。

ダイエットをするときは、病院と相談しながら行うのがいいですよ(^^)


もう1つの例では、ネコが脱走して何日か後に発見されたような場合です。

家に戻って来たのはいいけれど、元気がなくてエサも食べようとしません。

もちろん体が衰弱している場合もありますが、脂肪肝になった可能性もあります。


このようなケースでは強制的にでも栄養を与えなければならないようです。

栄養点滴や胃にチューブを入れて栄養物を送り込みます。

スポンサーリンク


ダイエットの目安について


やっぱり太っているネコは脂肪肝になりやすいと言われています。

でも、ネコに急激なダイエットをさせることで、脂肪肝をまねいてしまいます。

大体の目安としては3ヶ月で体重の5~10%を目安に減量していくのがいいそうです。


【いま何キロ】超簡単!猫の肥満をチェックする方法【対策】


まとめ


ネコが3日以上エサを食べなくなったら、脂肪肝になる場合があります。

以前にウチのネコも3日間脱走したことがありました。脂肪肝があるかもですね(^^ゞ

それでは楽しいネコライフを(^_-)-☆


【余命】猫の糖尿病こんな症状になったら要注意【治療】

スポンサーリンク



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。