【食わず嫌い】わがまま子猫が餌を食べないときの3つの対処法

わががまま子猫が餌を食べない。どうしたら良いの?

今回は猫がわがままで餌を食べないときの対処法について。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫が餌を食べないときの対処法


猫はキャットフードの匂いが気に入らないと、なかなか食べてくれません。

とくに子猫用のものから大人用に切り替えるときに苦労するケースが多いです。


消去法


娘が後1ヶ月の野良(うちの猫)を拾って来たときのエピソードです。

もともとノラ猫ですから、以前に何を食べていたのかわかりません。

人が食べているオカズとかは食べるようでした(猫に人の食べ物は禁止です)


適当にキャットフードを買って来て、エサやりをしたのですが食べませんでした(>_<)

結局はその日はエサを食べませんでしたね。でも、エサを食べなくても元気でしたが…


翌日、寄生虫駆除に動物病院に行ったときに、エサの試供品をもらいました。

試しに試供品を猫に与えてみると、ガツガツ食べましたね。ビックリです(^^ゞ

子猫のうちは、そのブランドを食べさせていましたが、なにせ価格が高い。。


それで、生後1年目になってから安いものに替えたのですが、

猫に合うブランドが見つかるまでが大変でした。。


新しいエサに慣れさせようと、前のエサに少し混ぜてみたことがありました。

でも、エサの食いつきが悪くなったので中止しちゃいました(>_<)

やっぱり、猫の嗅覚を甘く見ないほうがいいですね(^^)


幾つかのブランドを実際に試してみるしかありません。

今では、同じフードばかり食べて続けています(^^ゞ


徐々に切り替える


猫の健康の理由や、経済的理由で猫のエサを切り替えるケースですね。

現在食べているエサに、少しずつ切り替えたいエサを混ぜていくというもの。


今のエサに、新しいエサを少量ずつ混ぜていき、3ヵ月後には完全に切り替わっているような感じです。

やっぱり、いきなりエサが100%替わっていたら、猫もビックリですからね(^^ゞ


以前にチキン味を食べていたら、替えるエサも違和感がないチキン味がいいですね。

うちの猫のように、混ぜ物に敏感なタイプは難しいかも知れませんね。。

スポンサーリンク


食べるまで待つ


「鳴くまで待とうホトトギス」というわけです。

生缶のエサから、ドライタイプのカリカリに替えようとすときなどです。

生エサは太りやすいとか、歯石がつきやすいなどの理由でエサを替える場合ですね。


これは、生エサとカリカリは全く違うタイプですので、無理は承知ですけどね(^^ゞ

腹が減って食べてくれればいいのですが、ハンガーストライキをする猫もいます。。


2日以上エサを食べないようなら、諦めるしかありません。。

猫は3日以上エサを食べないと、脂肪肝になってしまいますので諦めましょう(>_<)


まとめ


猫のエサを切り替えるときは、徐々に切り替えるのが有効のようです。

生缶からカリカリに切り替えるのが難しいときは、さっさと諦めましょう(^^ゞ

それでは楽しい猫ライフを(^_-)-☆


【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。