【ストレス】心臓発作?ネコが突然死する6つの原因

今朝は元気だったのに、夜帰宅したら猫ちゃんがが亡くなっていた! もしかして突然死なの?

人の場合は脳卒中や心不全で突然死するケースは珍しくありませんが、猫ちゃんにもあてはるのでしょうか?

今回は猫ちゃんが突然死する原因について調べてみました。

スポンサーリンク
data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">


猫が突然死する原因

わたしの知り合いでは猫ちゃんが突然死した経験を持つ飼い主さんはいませんでしたが、ネットを調べてみるとチラホラ見かけます。

中には今までソファーに寝ていた猫が背伸びした途端に亡くなったという極端なケースもあるようです(^^ゞ

この場合たぶん猫ちゃんが伸びをしたときに血栓が移動して、心臓内や肺の大きな血管につまってしまい亡くなったと思われます。

猫ちゃんにも血栓症を引き起こす病気や、猫種によって先天的な心疾患がみられることがあります。

それで今回は猫が突然死する可能性がある代表的なものを6つピックアップしてみました。

1.猫の先天性心疾患

猫の先天性心疾患
生まれながらに心臓の構造に問題があり血流障害を引き起こすもので、代表的なものは『心室中隔欠損症』『心房中隔欠損症』『動脈管開存症』の3つ。

普通であれば大動脈によって全身に流れるべき血液が、一部肺動脈へ流れるために肺や心臓に負担をかけるものです。
先天性心疾患の特徴
心室中隔欠損症 心臓は右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋になり、そのうち左心室と右心室の隔てる壁に穴が開いていて血流障害を引き起こすもの。
心房中隔欠損症 左心房と右心房を隔てる壁に穴が開いていて血流障害を引き起こすもの。
動脈管開存症 動脈管(ボタロー菅)とは肺動脈と大動脈とつないでいる血管で、ふつうであれば生まれた後自然に閉じていくはずのものです。それが開いたままになっていて血流障害を引き起こすもの
おもな症状 開いている穴が小さければ無症状のままですが、穴が大きい場合には肺や心臓に負担をかけ呼吸困難やチアノーゼを引き起こしします。心不全を起こしている場合には突然死することもあります。

2.猫のフィラリア症

猫のフィラリア症
フィラリアとは(犬糸状虫症)はおもにイヌの心臓(右心室)や肺動脈に寄生する糸状の寄生虫です。

フィラリアは蚊を媒介に侵入し感染イヌの血を吸った蚊がほかの犬の血を吸うことで感染を広めます。

本来の宿主はイヌですが稀に猫や人にも感染することが知られています。猫は本来の終宿主ではないため成長が遅くなり、成虫の寿命も2年前後と短くなります。
フィラリア症の特徴
到達期 体内に侵入したフィラリアが肺動脈に達する時期(感染してから3~4ヵ月後)では食欲低下や体重の減少がみられますが無症状の猫もいます。
死滅期 フィラリアの死滅時期。虫の死骸が猫の肺動脈に詰まったり、死骸に対して急激なアレルギー反応を引き起こし亡くなることがあります。
備考 猫に寄生するフィラリアの数が少ないと検査をしてもわからないことが多く、そのため原因が特定できないまま猫が死に至るケースもあります。

3.大動脈塞栓症

大動脈塞栓症
大動脈塞栓症はおもに心筋症などの心疾患が原因で引き起こされます。

心臓を動かしている筋肉に異常があり心臓の働きが悪くなる病気です。心臓の働きが悪くなることで血栓ができて、それが動脈内でつまることにより血流障害をおこすものです。
※血栓:心臓内や血管内で形成された血液成分のかたまり
大動脈塞栓症の特徴
原因 大動脈塞栓症とは大動脈に血栓がつまることで血流障害を引き起こすものです。おもに心筋症などの心疾患が原因で引き起こされます。
症状 ある日突然に強い痛みとして発症し呼吸困難を伴います。9割が腹部大動脈の分岐部(腰のあたり)で血栓が詰まるので後ろ足に麻痺がが起こります。残りの1割は脳血管、冠動脈(心臓の栄養血管)、前肢の血管などどこにでも起こる可能性があります。脳梗塞や心筋梗塞で突然死する可能性もあります。

4.猫の急性腎不全

猫の急性腎不全
尿路結石などで尿道閉塞した場合に急性腎不全を引き起こし尿毒症を引き起こします。発見が遅れると24時間以内に亡くなるケースがあります。

また人間の鎮痛解熱剤、ユリ(ユリ科の植物)などを誤って食べて中毒症状を起こし、急性腎不全になるケースもあります。

またカランコエ属の植物、キョウチクトウ、ジギタリス、スズラン、イチイなどの植物には強心剤と似た作用があり、摂取すると不整脈を引き起こし突然死する可能性があります。

猫の腎不全の兆候とは?早期発見するにはどうしたらよい?

2015年2月24日

5.猫の急性膵炎

猫の急性膵炎
猫の膵炎については原因がよくわかっていません。膵炎には『慢性膵炎』と『急性膵炎』があり、おもな症状として食欲低下や嘔吐、腹痛などがみられます。

急性膵炎では激しい腹痛が見られ、症状が重いとショック症状に陥り昏睡状態になることがあります。
膵炎の特徴
慢性 慢性膵炎は時間をかけて膵臓の細胞が壊れていく病気。おもな症状は食欲低下、嘔吐下痢などが繰り返し見られます。インスリンの分泌が低下すると糖尿病を引き起こすことがあります。
急性 急性膵炎は外傷、自己消化、感染症、周辺臓器からの炎症の波及などにより激しい炎症を引き起こすもの。突然の激しい腹部の痛みや嘔吐などがみられます。治療の甲斐なく亡くなるケースもあります。

6.猫のてんかん発作

猫のてんかん発作
猫のてんかんは1000頭に対して3~10頭の割合でみられます。発作の程度、症状は様々ですが、何度もたたみかけるように発作を繰り返す『重積発作』が起きると命にかかわります。

てんかん発作はもともと発作が起きやすい猫ちゃんに、体調や環境の変化、ストレスが引き金になって起きる可能性があります。

猫のてんかん発作|前兆や症状など調べてみた

2015年2月24日

スポンサーリンク


猫のストレスと突然死の関係

猫がストレス状態になると食欲低下、粗相や威嚇などの問題行動が目立つようになります。ストレスで免疫力が低下することが知られており持病を悪化させることもあります。

ストレス、体調や環境の変化などが引き金になり『てんかん発作』が起こる可能性があります。たまたま起きた発作が『重責発作』である場合には命にかかわります。
猫ちゃんじゃないけれど、うちで飼っていた『ミドリフグ』が東日本大震災のときの揺れにびっくりして亡くなりましたよ。そのときに知人のウサギちゃんもショックで亡くなったそうです。これもストレス死といえますかね(^^ゞ

まとめ

帰宅してみると愛する猫ちゃんが突然亡くなっていた。なんとも悲しいショッキングな内容ですがチラホラ見かける内容です。

猫が突然死する可能性があるものとして先天性心疾患、心筋症からの大動脈塞栓症、フィラリア症、急性膵炎、急性腎不全、てんかん発作などがあげられます。

猫種によっては『肥大型心筋症』などになりやすい猫ちゃんもいますので注意が必要です。また猫ちゃんいとって中毒になりそうな観葉植物などは置かないように配慮してあげましょう。

【禁止】食べてはいけない!猫に危険な5つの食べ物【禁忌】

2015年2月23日

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。