【芋を欲しがる】猫に与えていい食べ物とダメな食べ物

猫に与えていい食べ物と、ダメなものは何ですか?

猫が「さつまいも」を欲しがるのですが、あげていいの?

今回は、猫の食べ物に関する話題です。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫にあげていい食べ物




実は猫に「さつまいも」を与えてもOKです。

さつまいもは、穀物不使用のキャットフード(カナガンなど)にも使われています。


猫に与えても安全といわれているもの

  • イモ類
  • 豆類
  • 麺類
  • ご飯
  • ペット用のかつお節
  • 火を通した肉と魚

これらのものが猫に与えても問題がないといわれているものです。

麺類といってもラーメンではありません。。ただのでた麺のことです。




火を通した魚は、猫の喉に骨が刺さらないように気を付けたほうがいいですね。

その他の食べ物に関しては、科学的に立証されていないので未知ですね。


猫にあげてはダメな食べ物


猫にあげてはダメな代表的な食べ物

  • タマネギ・長ネギ・ニンニクなど:貧血を起こす
  • チョコレート・ココア・コーラ:心不全を起こし死に至ることも
  • 豚生肉:寄生虫(トキソプラズマ)
  • 牛乳・キノコ類・コンニャク・イカ・タコ・アボカド…など:消化不良
  • 生の青魚・刺身:食べ過ぎると黄色脂肪症に
  • 貝類:皮膚炎


その他にも多々ありますが、これらは最低限知っておきたいリストですね。






身近にある危険なもの


お部屋の中にインテリアとして観葉植物が置かれているのを見かけますが、

中には葉に毒性のあるものがあり、猫ちゃんが食べると体調を崩すことも。

ちなみに、アイビー、ポインセチア、アロエなどは、嘔吐・下痢を引き起こします。


アロマテラピーの精油や、クレゾールなども中毒症状を引き起こすことも。

加湿器を使うときは、アロマタイプじゃないものがオススメです。

スポンサーリンク


「手作りごはん」について


猫の飼育本の中には、手作りごはんのレシピが記載されているものもありますが、

手作りごはんだけで、猫ちゃんのすべての栄養を補うのは難しいでしょう。

もし手作りごはんをあげたいのなら、たまにあげる程度にしおくのがよいですね。




ねこまんまはNGですね。

基本的に「猫の総合栄養食」と明記されてフードと水だけでOKだと思います。


膀胱炎?原因不明の猫の血尿の正体はアレだった!


まとめ


猫が間違って食べてしまうと、致命的な野菜もありますから、

ネット被せるなりして、しっかりと管理する必要がありますね。

それでは楽しい猫ライフを(^_-)-☆


【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

スポンサーリンク



スポンサーリンク








3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。