【注意】部屋飼いの猫のストレスを軽減する4つの方法

部屋飼い猫のストレスをなくすにはどうしたらよいの?

子ネコのときは可愛かったのに、だんだん威嚇するようになってきた。

ちょっと恐いんですけど、それってストレスなの?

というワケで、ネコのストレスと、その対策を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫のストレスの原因について


ネコがストレスをかかえていると問題行動を起こすようになります。


おもなストレスの原因

  • 部屋(家)に自分の愛着のあるもの(グッズなど)がないとき
  • 自分の居場所がないとき
  • 新しい同居人が増えたとき
  • 家の周囲に外ネコがいるとき
  • 近所で工事をしていてうるさいとき
  • 余った体力を発散できない…など


ネコは成長するにしたがい、自分の縄張りを持つようになります。

縄張りを持つことはネコにとって重要なことで、一人前の証しでもあるのです。

縄張りを持つことができないネコは、その不安から問題を起こすようになります。




ネコは「縄張りの不安」からいろいろ問題行動を起こしますが、

その問題行動こそ、ネコの切実なSOSのサインでもあるのです。

ですから、ネコの住環境を整えることで問題が解決することが多いのです。


【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン


ネコのストレスを軽減する4つの方法


ネコは縄張り不安から問題行動を起こすことが多いのですが、

では、ネコが安心して暮らせる環境とはどのようなものなのでしょうか?

それで、具体的な方法を4にまとめてみました。


1、ネコのグッズを分散する


ネコにとっての縄張りとは、どんなものでしょうか?

それは、ネコにとって愛着がある場所や、愛着があるモノがある場所。

愛着がある場所とは、自分(ネコ)の匂いがする場所なんです。


飲み込むと危険なものはNG


ネコが愛着が持てるように、ネコのグッズをたくさん置いてあげましょう。

ネコのおもちゃ・爪とぎ・寝床など、多ければ多いほどネコが安心します。

布製品などは、匂いが染みこみやすいのでオススメですね。

場合によってですが、ネコのトイレを増やしてもよいと思います。


部屋のインテリアを気にするあまり、ネコグッズを置いていないケースがあります。

例えるなら、ネコを飼っているのに、ネコを飼っていないように見える部屋。

ネコが愛着が持てない部屋だった場合には、ネコは問題行動を起こします。


2、ネコ棚(キャットタワー)の設置


部屋のレイアウトで重要なのは、ネコが上下運動できるスペースがあること。

ネコの運動のためでもあるのですが、ネコは高い場所に登ると安心するんです。

というのは、ネコは高い所から相手を見下ろすことで自分の優位性を示します。


うちのネコです


ネコにとって、部屋の広さよりも立体的な空間が重要なのはこのためです。

壁にネコの棚を設置するのもよいですし、簡単なキャットタワーでもOKです。

ワンルームなら、ロフトベッドなど利用するのも方法です。


【一人暮らし】ワンルームで猫を飼うときのレイアウト


3、猫と遊ぶことは必須科目


ネコは狩りをする動物で「狩り」をすることで自信をつけていきます。

つまりネコの遊びとは「狩り」のこと。

狩りをしないとネコは欲求不満になり、問題行動を起こすようになります。

ですから狩りをさせて、本能欲求を満たしてあげましょう!


時間にして15分程度、ネコが疲れてハァハァいいだしたら十分です。

遊ぶことで部屋中に自分(ネコ)の匂いが充満するので、よい相乗効果があります。

遊びが足りてないと欲求不満になり、飼い主の足を噛むことがありますね。


【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方


4、散歩させる


エネルギッシュなネコちゃんは、室内の遊びだけは満足しない場合があります。

そのような場合には散歩をさせて、外の刺激を与えてあげるのもよいでしょう。

もともとテリトリーが広いタイプのネコちゃんにも「散歩」は効果的だと思います。


【ハーネス】猫の病気やストレスを防げるの?散歩の4つの利点

スポンサーリンク


その他


引越しも、ネコにとっては大きなストレスになります。

老齢のネコの場合、ストレスで病気が悪化することもあります。




引越しをするなら、ネコが若くて元気なうちにするのがよいでしょう。


【また寝不足】引越しでの猫の夜鳴き3つの対策【注意点】


まとめ


長い間ストレス状態が続くと、免疫力が低下して病気にかかりやすくなりますし、

脳内物質のバランスが崩れてしまい、一種の神経症になることもあります。

ネコがストレスを溜めないように、ネコ中心の環境づくりをしましょう!


【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。