【ストレス】猫が食欲があるのに痩せる3つの原因【病気】

ふつうに食べているんだけど最近痩せてきたように見える。。

猫が食欲あるのに痩せていくのはストレスのせい? それとも病気?

今回はネコが食べているのに痩せていく病気についてを調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ネコが食べているのに痩せてしまう原因


ネコがストレスで痩せることがありますが一般的には食欲低下による体重の減少です。

ふつうに食べているに痩せてくるときは病気が隠れている可能性があります。


1.猫の糖尿病


わたしたちは血液中にあるブドウ糖を細胞に取り込んで、それをエネルギー源として活動しています。

そのブドウ糖を細胞に取り込む役目をするのが膵臓すいぞうでつくられるインスリンというホルモンです。

糖尿病とは、インスリンの働きが低下することでブドウ糖を上手に細胞に取り込めなくなる病気です。

その結果、血液中のブドウ糖が異常に高くなることでいろいろな合併症を引き起こすものです。


糖尿病のおもな初期症状

  • 食欲が増す
  • たくさん食べても体重が増えない
  • 飲水量が増える
  • オシッコの回数、量が増える…など

  • ブドウ糖が取り込めなくなった細胞は飢餓状態になり、そのため食欲が増える傾向があります。

    さらに病状が進むと痩せてくるようになり、食欲低下などがみられるようになります。

    糖尿病のネコの食欲が低下したときは危険な状態あるため、すぐに病院に連れていく必要があります。


    ネコが糖尿病と診断されたときに、飼い主が自分勝手にダイエットさせるのは危険です。

    ネコのダイエットには綿密な計画が必要なので、必ず獣医師と相談しながら行うようにしましょう。


    詳しくは…【余命】猫の糖尿病こんな症状になったら要注意【治療】


    2.猫の甲状腺機能亢進症


    ネコの甲状腺は人間でいうノドボトケの下にあって、甲状腺ホルモンがつくられています。

    甲状腺ホルモンは新陳代謝の促進、心拍数や体温調節など、体の活力を高める役割があります。

    甲状腺機能亢進症とは甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで発症します。



    この病気はネコのホルモンの病気の中では最も多く、10歳以上のネコの約10%が発症します。


    甲状腺機能亢進症の初期症状

  • 痩せてくる
  • 食欲が増す
  • 活発になる(年の割に元気)
  • 落ち着きがなくなる
  • 攻撃的なる
  • 多飲多尿…など

  • この病気は多くのエネルギーを消耗するため、たくさん食べても痩せてくるようになります。

    病状が進行してピークをすぎると今度は食欲や活動レベルが低下していくようになります。

    そにため食欲低下、被毛のつやがなくなる、脱毛、嘔吐下痢などがみられるようになります。


    【余命】猫が甲状腺機能亢進症でも寿命をまっとうできるの?


    3.猫の回虫症によるもの



    野良ネコのお腹の中に(おもに小腸)にほぼ100%住んでいる寄生虫が「猫回虫」です。

    猫回虫はネコの食べた養分を横取りして生きているので、そのままではネコが栄養不良になっていきます。


    猫回虫症のおもな症状

    成ネコでは軽い下痢、食べても太らない、痩せていく、毛のつやが悪くなる…など

    子ネコでは繰り返す下痢や軟便、発育不良、お腹が膨れる…など。

    寄生虫の数が増えすぎると消化管につまって腸閉塞になることもあります。


    猫の寄生虫の駆除費用はいくら?駆除薬は市販されてるの?

    スポンサーリンク


    まとめ


    ネコが食べても痩せてしまう病気には、糖尿病、甲状腺機能亢進症、猫回虫などがあります。

    肥満のネコは糖尿病になりやすく、高齢のネコは甲状腺の病気になりやすい傾向があります。

    とくに糖尿病は病状が進むと厄介な病気ですから、肥満のネコは健康チェックをしておきましょう。

    ちなみに8歳以上のネコは毎年の健康診断が奨励されています(^_-)-☆


    【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

    スポンサーリンク



    スポンサーリンク








    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。