【猫の里親募集】愛知県の保護施設から猫をもらうには【譲渡会】

愛知県内の動物保護施設から猫をもらうにはどうすればよい?

スポンサーリンク

愛知県内の保護施設から猫をもらうには

県センターから猫をもらうには

愛知県内で猫の譲渡を行っている公的施設は『愛知県動物保護管理センター』と名古屋市、豊橋市、豊田市、一宮市、岡崎市の『動物愛護センター』です。

上記の市では定期的に譲渡会が開催されています。市によっては譲渡ボランティア団体と提携して譲渡会を開催しています。

一般的に市の譲渡会に参加するには各市在住の方が対象で、それ以外の地域在住の方は県センターから猫ちゃんを譲渡してもらう流れになります。

愛知県動物保護管理センターには、本所、尾張支所、知多支所、東三河支所があり、自分が住んでいる地域を管轄している支所に譲渡申請します。

 本所 
  • 豊田市穂積町新屋73-3
  • Tel:0565-58-2323
瀬戸市、尾張旭市、長久手市、日進市、東郷市、みよし市、豊明市、刈谷市、知立市、安城市、碧南市、西尾氏、幸田市、高浜市



 尾張支所 
  • 一宮市浅井町西海戸字余陸寺31-1
  • Tel:0586-78-2595
扶桑市、犬山市、江南市、大口市、岩倉市、小牧市、豊山市、春日井市、稲沢市、愛西市、あま市、津島市、大治町、北名古屋市、清須市、蟹江町、弥富市、飛鳥村



 知多支所 
  • 半田市乙川末広町100-1
  • Tel:0569-21-5567
設楽町、豊根村、東栄町、新城市、豊川市、蒲郡市、田原市


 東三河支所 
  • 豊橋市神野新田町字京ノ割50-2
  • Tel:0532-33-3777
東海市、大府市、知多市、阿久比町、東浦町、常滑市、半田市、武豊町、美浜町、南知多町

譲渡条件について

猫ちゃんの譲渡を受けるには、以下の条件を満たせる方が対象になります。また事前に講習会(猫の飼い方講習会)を受講する必要があります。

  • ※1.愛知県在住の20歳以上の方
  • 60歳以上のみの家族又は一人暮らしの方は有事の際に代わりに飼ってくれる人(60歳以下)が必要。
  • 家族全員の同意があること
  • 家族にペットアレルギーがないこと
  • ※2.飼育可能な住居であること
  • 室内飼いを徹底すること
  • 避妊・去勢手術をすること
※1.名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市、一宮市に在住の方は各市に問合せてください。
※2.集合住宅や借家の場合は賃貸契約書などの写しが必要

猫の譲渡の流れ

  1. 申し込み条件の確認(上記の申込み条件を確認)。
  2. 講習会の参加申込。講習会を受けたい本所・各支所に電話で問合せる。
  3. 講習会(猫の飼い方講習会)を受講。
  4. 受講証の受け取り。受講証は1年間有効です。
  5. 猫ちゃんとお見合い。
  6. 書類等の手続き後、猫ちゃんと一緒に帰宅
希望する猫ちゃんがいる場合、猫ちゃんを連れて帰ることができます。いなかった方は次回の『お見合い』に参加することができます。

猫ちゃんを入れるキャリーケース等が必要。譲渡時に運転免許証等の身分証明書が必要になります。

市センターから猫をもらうには

猫ちゃんの譲渡を行っている市は名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、豊田市になります。基本的に市内在住の方に猫の譲渡を行っています。

市センターが譲渡ボランティアと提携しているような場合は、市外の方も譲渡ボランティアの譲渡会に参加できるケースが多いようです。

 名古屋市 
  • 名古屋市動物愛護センター
  • 名古屋市千種区平和公園二丁目106番地
  • Tel.052-762-0380(代表)052-762-1515(愛護館)
  • 譲渡ボランティアによる譲渡会あり
 豊橋市 
  • 豊橋市保健所 生活衛生課 動物愛護グループ
  • 所在地/〒441-8539愛知県豊橋市中野町字中原100番地
  • Tel.0532-39-9127
 豊田市 
  • 豊田市動物愛護センター
  • 愛知県豊田市矢並町法沢715-4 鞍ケ池公園内(旧くつろぎ館・休憩所)
  • Tel.0565-42-2533
  • 猫の譲渡会あり(毎週日曜日)市外の方も参加できます。

 岡崎市 
  • 岡崎市動物総合センター
  • 岡崎市欠町字大山田1番地
  • Tel.0564-27-0402
  • 市外・県外の方でも猫ちゃんの譲渡を受けられます。

 一宮市 
  • 保健衛生課 動物愛護グループ(動物愛護事務所)
  • 愛知県一宮市貴船町3丁目2番地 中保健センター
  • tel.0586-72-1122
  • 譲渡ボランティアによる猫の譲渡会(一宮市動物愛護事務所主催)

譲渡条件について

以下は名古屋市センターの譲渡条件になります。市によって対象年齢や範囲などに若干の違いがありますが、だいたいは以下の通りです。

 名古屋市センターの譲渡条件 
  • 市内在住であること。
  • 成人の譲渡希望者。
  • 猫の飼育が可能な住居に住んでいること。
  • 猫の飼育に家族全員の同意が必要。
  • 猫を飼えなくなったときに代わりに世話をする人がいること。
  • 避妊又は去勢手術の実施。
  • 完全室内飼い。
  • 譲渡後の飼養実態調査に協力すること。

猫の譲渡の流れ

 市センターの譲渡の流れ 
  1. 上記の譲渡条件の確認
  2. ※1.猫譲渡申込書』を提出(郵送・FAX可)
  3. 対象の猫ちゃんが収容されたら申込み順に連絡される。
  4. 都合のよい日時を調整し来所する。
  5. 希望の猫ちゃんがいたら譲渡を受ける。
  6. 譲渡後、飼養管理状況などのアンケートに協力する。
※1.動物愛護センター愛護館・各区の保健センター窓口にあります。動物愛護センターHPからも印刷できます

猫ちゃんの譲渡を受けるとき運転免許証、保険証などの身分証が必要。猫ちゃんを運ぶためのキャリーバッグも必要になります。


名古屋市では譲渡ボランティアによる譲渡会も盛んに行われています。譲渡ボランティアによる猫の譲渡会の開催日程についての詳細はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

愛知県内で猫ちゃんの譲渡を受けるには県センターの4ヶ所と、名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市、一宮市の各施設になります。

基本的に上記の市以外の地域に住んでいる方は県センターに譲渡申請を行いますが、豊田市、岡崎市においては市外に住んでいる方でも猫ちゃんの譲渡を受けられます。

名古屋市、一宮市では譲渡ボランティア(個人・団体)による譲渡会が盛んに開催されいますので、一度足を運んでみるのもよいかと思います。

  合わせて読みたい  【年間】猫の一生涯に必要な費用のトータルはいくら?【1ヶ月】

(Visited 215 times, 1 visits today)

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です