【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方

猫が喜ぶ遊び方を教えてくださいな!

基本的にネコは「狩り」をする動物なので、「ネコじゃらし」だけでは足りないです。

そこで、我が家のネコの遊ばせ方を紹介しますね。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫が喜ぶ3つの遊ばせ方




我が家では、ネコちゃんと遊ぶときには3タイプのオモチャを使っています。

ではそれぞれのオモチャについて遊び方を紹介しますね。


1.昔ながらのネコジャラシ


子ネコときは「猫じゃらし」によく反応しましたが、

早い時期に飽きられてしまい、今では見向きもされません(>_<)


猫じゃらしに飽きてしまったときは、ネコの本能をくすぐるような遊びがよいです。

ネコは狩りをする動物なので、獲物を捕まえさせるような遊び方がよいです。

ネコジャラシぐらいではネコのエネルギーを発散するのは難しいですね。


2.釣竿タイプのオモチャ


釣竿タイプのオモチャは単純なようで意外と奥が深いです。

オモチャも蛇のように這わせるタイプ、ネズミのようにチョロチョロ動かすタイプ、

さらに鳥のように飛ばせて使うもタイプがあり、ネコの好みも分かれますね。




ネコによっても獲物を追いかけるのが好きな性格、待ち伏せが好きな性格に分かれます。

ネコの嗜好や性格に合わせて、オモチャをセレクトしてあげる必要があります。

オモチャを生きているように動かせば、ネコちゃんが本能的に飛びついてきますよ(^^)


3.ネコのトンネル


うちのネコはオモチャに対して反応がよくありません。

最近わかったのですが、どうやらトンネルから獲物を狙うのが好きみたいです。

ネコにも獲物を狩るときの好みのスタイルがあるようです。


ネコの「狩り」のスタイル

  1. 物陰に潜んで待伏せするタイプ
  2. 茂みから獲物に忍び寄り、突然襲いかかくタイプ
  3. 獲物が巣穴から出てくるのを待つタイプ

ネコちゃんの得意のスタイルを見つけて、それに合わせて遊んであげましょう。

ちなみに野生のネコの狩りの成功確率は3割程度といわれています。





以前からトンネルみたいなところが好きな子で、よくカーペットにもぐります。

うちでは「トンネル遊び」呼んでいますが、すこぶる反応が良いですね(^^)

オモチャなどに反応が鈍いネコちゃんに試してみて下さいね(^^)

【鳴き声が切実】猫がベッドの下から威嚇してきた!原因と対処法は?

ネコジャラシだけじゃダメなの?


ネコの遊びとは「狩り」のことで、ネコが狩りをするのは本能です。

狩りをして、獲物を食べて、グルーミングをして眠る、というのがネコの日課です。

ネコジャラシだけではネコの本能的な欲求を満たすには不十分なのです。


ネコは狩りして成長していく動物で、これは飼いネコでも変わりません。

狩りをしないネコは自信を失っていき、精神的に不安定になってしまいます。

というワケで、ネコとの遊びはとても大切なのです。

【威嚇】可愛くない!なつかないのは猫との遊びが原因だった

スポンサーリンク


遊んでいる最中に爪を研ぐのはなぜ?


ネコと遊んでいると、遊んでいる最中にで爪を研ぐケースがあると思います。

獲物を追いかけていたと思っていたら、急にカーペットで爪を研ぎだすケースですね。


ネコが遊びの最中に爪を研ぐ理由

  • おもちゃをキャッチし損ねなときの気持ちの切り替え
  • 狩りの精度を高めるため
  • 興奮状態を冷ますため(冷静になるため)…など

うちのネコは遊びの前にあくびや背伸びをしてウォームアップします。

また遊びの最中に必ずといっていいほど爪とぎをしますね。

遊びに満足すると、毛づくろいをしてクールダウンしています。


まとめ


「猫じゃらし」だけでは、エネルギーを発散できないかも知れません。

ぜひ「狩りゴッコ」で、ネコのストレスを発散させてあげましょう(^_-)-☆




【時間】猫を満足させる遊び方4つのコツ【頻度】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。