【初心者でも簡単!】猫のお風呂の入れ方&乾かし方【動画】

猫のお風呂の入れ方や乾かし方のコツはありますか?

うちのネコは毎日お散歩に出かけるので、ガッツリ汚れて戻ってくることがあります。

今回は猫の「お風呂の入れ方」と「乾かし方」についてです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫のお風呂の入れ方


うちのネコはおとなしく体を洗わせてくれますが、

じっとしていないネコちゃんには「洗いおけ」の中で洗うとよいでしょう。

ネコの行動が制限されるので、多少はコントロールしやすくなります。


ネコのお風呂の入れ方

  1. ネコをお風呂場の床に立たせ、両足にシャワーをやさしくかける。
  2. >次に背中にやさしくシャワーをかけてネコを安心させる。
  3. シャンプーを泡立ててから、背中や側面をやさしく洗っていく。
  4. 次に首回りやお腹などをやさしく洗っていく。
  5. 最後はやさしく撫でるようにすすいでいきます。

洗うときはネコが逃げないように軽く手を添える程度でOKです。

一にやさしく、二にやさしく。体をガッチリ固定するのはNGです。

頭や顔に水がかからないように注意します。


長毛種のネコちゃんは先に被毛の絡みをとってからのほうがよいでしょう。

何もしないでそのまま洗ってしまうと被毛が絡んだままとれなくなることがあります。

すすぎをしっかりしないと皮膚炎になることもあるので注意しましょう。

スポンサーリンク


猫の被毛の乾かし方




タオルで水気をとったらドライヤーで乾かすだけです。

ただネコのお腹の被毛は薄いので、軽く乾かすだけで十分だと思います。

うちのネコは短毛なので、お腹はタオルで拭くだけでOKです。

自分でお腹をペロペロ舐めて乾かしています(^^)


乾かし方

  1. 柔らかいバスタオルを2枚用意します
  2. 1枚目でおおまかな水分を吸い取り、2枚目で仕上げます
  3. 手で被毛をシャカシャカしながらドライヤーで乾かしてゆきます。

被毛が乾いたら毛並みを整えてあげましょう。


まとめ


ネコをお風呂に入れるときは、一にやさしく、二にやさしく、けっして無理をしないこと。

ネコの頭や顔は洗わないこと、尻尾もしつこく洗わないことがキモです。

それでは、楽しいネコとのバスタイムを(^^)


嫌がる猫にお風呂は必要?どのくらいの頻度がいいの?

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。