【換毛期】猫の抜け毛が多い時期はいつ?

猫の抜け毛の時期っていつなの?

ネコは食べて寝ているとき以外は、せっせと毛づくろいをしています。

そんなネコには換毛期かんもうきと呼ばれる年に2回被毛が生え換わる時期があります。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫の抜け毛の時期について


換毛期はとくにネコの抜け毛がひどくなる時期で、春と秋が深まった頃の2回あります。

3月頃から冬用の被毛から夏用になり、10月頃から冬用の被毛にチェンジします。

サイベリアンなど長毛種の中には春の換毛期にゴッソリ毛が抜けるネコちゃんもいます。


2匹は同じサイベリアン


一般的にネコの被毛は「ダブルコート」と呼ばれる二重構造になっています。

外側の長い毛はオーバーコートと呼ばれネコの体を雨風から守ります。

内側の短い毛はアンダーコートと呼ばれ、ふわふわで保温(断熱)効果があります。


抜け毛の多くは内側のアンダーコートで春から夏にかけて多く抜けます。

長毛種の場合には内側の毛(アンダー)が落ちずに残っているケースが多いので、

とくに換毛期には毎日数回はブラッシングしてあげるとよいでしょう。


【長毛種】どれがオススメ?猫のブラシ4タイプ【短毛種】


猫のお世話・春夏秋冬


年間のネコのケアや注意点について触れておきますね(^^)


春のおもなケア
おもなケアや注意点
3月 早ければネコの換毛期がはじまります。とくに長毛種は抜け毛はハンパないのでマメなブラッシングが必要。長毛種はヘアボール(毛球症)予防の意味もあるのでマメなブラッシングを。
4月 ネコの発情期の時期。繁殖しないのなら去勢・避妊を済ませておきましょう。
5月 気温が上がってくるとノミやダニが活発になります。外に散歩に出かけるネコちゃんは注意してあげましょう。

マンションだから安全?室内飼いの猫がノミに感染する理由


夏のおもなケア
おもなケアや注意点
6月 梅雨の時期にはカビや雑菌が繁殖しやすい時期でもあります。ウェットフードは出しっぱなしにせず食器も清潔に保ちましょう。
7~8月 梅雨が終わると気温がぐんぐん上昇していきます。地域にもよりますが8月になると猛暑日が続くようになります。ネコの留守番中に熱中症にならないように温度管理を徹底しましょう。

【エアコンなし】猫が真夏にお留守番!暑さ対策3グッズ


秋のおもなケア
おもなケアや注意点
9月 残暑が続き夏バテでぐったりしているネコちゃんもいます。あまりにも元気がないときは迷わず獣医師に相談するのがよいです。気温が下がるにつれ食欲増し元気が回復していきます。
10月 夏用の被毛から冬用にチェンジする時期。春の換毛期ほど抜け毛はひどくありません。
11月 だんだん空気が乾燥して風邪ウイルスなどが活発になってきます。抵抗力の弱いネコちゃんはウイルス感染症などに注意しましょう。

【食欲不振】猫が夏バテ症状で困ったときの4つ予防法と対処法


冬のおもなケア
おもなケアや注意点
12月 クリスマスツリーの飾りなどネコが食べないよう注意しましょう。とくにモールなどの紐状の飾りを食べると腸がつまってしまう危険があります。またポインセチアなどの観葉植物の葉をネコが食べると下痢をするので注意しましょう。
1~2月 寒くなるとの飲水量が少なくなり泌尿器のトラブルが多くなります飲水量を増やす工夫も大切です。暖房器具などからの低温火傷にも注意しましょう。緊急事態に備えて年末年始でも受診できる病院をチェックしておきましょう。

クリスマスツリーを飾りたい!でも猫の対策はどうする?

スポンサーリンク


まとめ


ネコの換毛期は春と晩秋の年2回。とくに長毛種のネコちゃんにはマメなブラッシングが必要。

ネコの細かい毛が部屋の中に舞っているのでマメな換気も必要かもしれません。


わたしがネコを飼いはじめた頃ネコの毛のせいで咳が止まらなくなったことがあります。

ネコアレルギーじゃなっかので安心しましたが、気管が弱い方は注意が必要ですね。

【わが家の対策】猫の抜け毛がひどいときの3つのアイテム

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。