猫の年齢早見表!猫は4倍早い

うちの猫ちゃん10歳になるけど人間に例えるといくつだろう…とか、猫を拾ってきたけれど年齢を知りたい…などあると思います。

そんなときは猫の年齢の早見表みたいなものがあれば便利。猫ちゃんが人間の還暦かんれき(60歳)など節目ふしめで是非お祝いしてあげてるとよいですね。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫の年齢早見表


20年くらい前は猫の平均寿命が10年前後でしたので、猫の1年は人間の7年に相当するといわれていました。

しかし今では食事内容は医療がよくなり平均寿命は15年前後になり、20年近く生きる猫ちゃんもケースも珍しくありません。

それで大人の猫の1年は人間の4年に相当します。生後2年を過ぎると老いていくスピードは人間の4倍になります。

1.猫の年齢換算表


下の表は猫の年齢を人間に換算したものですが、日本獣医師会とアメリカ動物病院協会のものを比較してみました。

猫の年齢早見表
猫の年齢 日本獣医師会 米動物病院協会 節目
0~1ヵ月 0~1歳 0~1歳
2ヵ月 3歳 2歳
3ヵ月 5歳 4歳
4ヵ月 6歳
5ヵ月 8歳
6ヵ月 9歳 10歳
7ヵ月 12歳
9か月 13歳
12か月 17歳 15歳
18ヵ月 20歳 21歳 成人
24ヵ月 23歳 24歳
3年 28歳 28歳
4年 32歳 32歳
5年 36歳 36歳
6年 40歳 40歳
7年 44歳 44歳
8年 48歳 48歳
9年 52歳 52歳
10年 56歳 56歳
11年 60歳 60歳 還暦
12年 64歳 64歳 緑寿(65)
13年 68歳 68歳 古稀(69)
14年 72歳 72歳
15年 76歳 76歳 喜寿
16年 80歳 80歳 傘寿(79)
17年 84歳 84歳
18年 88歳 88歳 米寿(87)
19年 92歳 92歳 卒寿(90)
20年 96歳 96歳 白寿(98)
21年 100歳 100歳 百寿(99)

2.猫のライフステージ


さらにアメリカでは、猫をケアするうえでの実用性を考慮して6つのライフステージに分類しています。

猫のライフステージ
Life stage 猫の年齢 人間の年齢
Kitten(幼少期) 0~6ヵ月 0~10歳
Junior(年少期) 7~24ヵ月 12~24歳
Prime(壮年期) 3~6歳 28~40歳
Mature(成熟期) 7~10歳 44~56歳
Senior(年長期) 11~14歳 60~72歳
Geriatric(老年期) 15歳~ 76歳~
やんちゃだった猫も壮年期に入ると心身ともに落ち着いた状態になり、年々貫禄が増してきます。猫の老化の兆候は早ければ7歳でみられ、元気そうにみえても何か病気が隠れていることがあります。病気の早期発見・早期治療のためにも、8歳以上の猫ちゃんは年1回の健康チェックが奨励されています。

外見から猫の年齢を知るには


猫の年齢を知る手掛かりがないときは動作や様子、身体的特徴、毛並みや歯などの健康状態からおおよその検討をつけるしかありません。

歯の生え方でみれば猫は生後3週目で歯が生えはじめ、5週目になると乳歯が完全に生えそろいます。生後4か月目で永久歯が生えはじめ、完全に揃うのは生後6ヵ月になってから。

歯の健康状態でみると歯垢は早ければ生後2歳ごろから見られ、年を重ねるごとに歯が黄色くなっていきます。猫の食生活にも左右されるため、大人の猫(成猫)の年齢を割り出すのは獣医師でも至難のわざのようです。

正確な年齢はわからない成猫の場合「ライフステージ」という考え方が役に立つと思います。

ライフステージとその特徴
猫の年齢 特徴
1~6歳 年少期後半から壮年期にかけて。年少期後半は子猫らしさ残るものの3歳を過ぎると心身共に落ち着いてきます。好奇心旺盛で活エネルギッシュ高いところも問題なく登ります。食欲も旺盛です。
7~10歳 猫の成熟期。ちなみに野良猫の平均寿命は7歳です。この頃からジャンプ力が落ちてきたといった体力面での老化の兆候が見らはじめます。まだ食欲も盛んですが、代謝が落ちてくるため太りやすくなります。
11~14歳 猫の年長期にあたります。動作がゆっくりになってきて慎重になってくる。若い頃に比べて寝ている時間が増えます。徐々に被毛の艶がなくなってきます。
15歳以上 老年期です。毛づくろいしなくなり毛割れが目立つようになる。視力や聴力が衰えから甘えん坊になることも。じっとしていることが多く寝ていることが多くなります。食欲も落ちてきて痩せ気味になります。

わたしが務めている会社によく遊びにくる「ミーちゃん」という地域猫がいます。このミーちゃんはわたしが入社する4~5年前から目撃されていて、当時近所の人がチクワを与えていたそうです。

今年でわたしは入社16年目になるのでミーちゃんのは20歳以上になるはずです。写真ではわかりにくいのですが鼻の頭と耳にハゲがあります。ちなみに歯が全部ありません。

大雨で会社の前の広場が冠水したときは職員が自宅で保護したり、調子が悪そうなときは病院に連れて行ったりと愛され尽くされている猫ちゃんです。毎年冬になると、今年は冬を越せるかなぁと心配しつつ見守っています。

スポンサーリンク

まとめ


猫が2歳を過ぎたなら老化は人間の4倍になり、人間の年齢への換算は[今の猫の年齢×4]+16 になります。例えば猫が22歳なら[22×4]+16=104(歳)になりますね。

子猫なら体重や歯の生え具合で年齢を割り出すのは簡単ですが、何の情報もない成猫の場合は至難の業です。そのため猫の様子や健康状態からライフステージに当てはめてケアしていくのが現実的だと思われます。

ちなみに猫の長寿のギネス記録は38年生きたクレームパフという名前の猫(米テキサス州)人間に換算すると168歳になります!

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。