【威嚇】可愛くない!なつかないのは猫との遊びが原因だった

猫を飼ったのはいいけれど、なつかないで威嚇してくる。。

猫が部屋の隅で固まっていて、心を開いてくれません。。どうすればよい?

今回は、遊びで猫の威嚇が治るのか考えてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫の遊びについて


猫が威嚇してくる理由をザックリとまとめてみると、

縄張りの不安、遊びが足りない、レアケースとして「PTSD」も考えられます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)については後ほど説明しますね。




原因が1つだけではなく、これらの要素が複雑に絡み合っている場合もあります。


【かわいいのは最初だけ】猫が威嚇してくる3つの原因


猫との遊びが大切な理由


遊びの効果

  1. 猫との信頼を築くことができる
  2. 威嚇の対象をオモチャに向けさせる
  3. 遊びで猫のストレスが減る
  4. 不安を取り除くことができる


猫と遊ぶことは、飼い主との信頼感を築くのに最も大切なことです。

猫は狩をする動物ですので、オモチャを使って遊ばせることで、

猫の本能欲求を満たし、エネルギーをを発散させてあげることができます。


興味の対象がオモチャに向くので、徐々に問題行動も減っていきます。

猫は狩りをすることで自信をつけ、精神的に安定していきます。

逆に威嚇してくるような猫は、自信のなさの現われでもあるのです。


猫にとってオヤツをもらえることは「よいこと」なので、

遊んだ後に猫にオヤツを与えれば、遊びと「よいこと」が関連付けされます。

オヤツを猫のしつけに利用するのは、とてもよい方法なのです。


【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン


猫のPTSDについて


以前、湾岸戦争というものがありましたが、多くの若者が戦地に投入されました。

戦争が終わって帰還した兵士の中には、戦争の恐怖が未だに続いている人もいます。

夜が恐い、眠れない、ちょっとした物音に過剰に反応してしまうなどです。

それを「心的外傷ストレス障害(PTSD)」と呼んでいます。


このPTSDは特殊なケースですが、猫ちゃんにも似たような障害があります。

室内飼いの猫がはじめて外に出るような場合は、もうビクビクですよね。

そこで、猫の頭をなでようとしたときに、近所の車がクラクション鳴ったとします。




すると、猫はその音にビックリして、恐怖と飼い主の手のを関連付けしてしまいます。

飼い主が猫に手を伸ばすだけで、猫は恐怖で攻撃するようになるそうです。。

今までの良好な関係が、一瞬にしてどこかへ飛んでいってしまうのです。


猫の恐怖心を取り除いて、以前の良好な関係を取り戻すためには、

猫との遊びの中で、徐々に信頼関係を回復して安心させてあげるのがよい方法です。

遊んだあとは必ずオヤツを与えて「よいこと」と関連付けするのがよいです。


【注意】部屋飼いの猫のストレスを軽減する4つの方法

スポンサーリンク


猫との遊び方


猫は狩りをする動物で、猫にとって遊びとは「狩り」のことです。

これは本能なので、その欲求を満たしてあげないと問題行動を起こします。

つまり、エネルギーを発散できないので欲求不満になってしまいます。


そこで、猫のオモチャを獲物に見立てて「狩り」をさせてあげるワケです。

うちの猫は、釣竿タイプで床を這わせて遊ぶオモチャに反応します。

それをコーナーから狙うのが好きですね。時間がかかりますけど(^^ゞ


釣竿タイプでも、蝶のようにヒラヒラさせるものやわせるもの

カエルのようにピョンピョンさせるものと、幾つかありますから、

複数そろえて猫が気に入るものをチョイスしましょう。


猫との遊び方の注意点として、オモチャをあまり速く動かさないことです。

猫にオモチャを追いかけてさせて、捕まえるようにしてあげるのが大切ですよ(^^)

獲物が捕まえられないと、逆に自信をなくしてしまいます。。


【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方


まとめ


猫との遊びはとっても大切で、信頼関係を築くことができます。

猫とオモチャで遊ぶときは、猫をイジケさせないように注意しましょう。

それでは楽しい猫ライフを(^_-)-☆


【突然の威嚇】猫の背中がピクピクする病気

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。