【涙目】簡単な涙焼けの取り方はある?猫の涙やけ4つの原因

猫がいつも涙目なのはどうして?涙やけも目立つようになった

ペルシャ猫のように鼻が短いネコは、涙が落ちにくい顔なので涙目になっています。

しかし、普通の顔の骨格をしていているにも関わらず、いつも涙目なのは心配ですね。

今回はネコの涙目、涙やけの原因について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

涙やけの原因


涙やけの原因は涙によるもので、涙の殺菌成分がネコの毛を変色させたもの。

でも、いつも涙が出てしまう原因なんなのでしょうか?


1.目の病気が原因


目の病気に色々あるとは思いますが、ネコの目の病気でなりやすいは結膜炎です。

これはヘルペスウイルスなどネコ風邪から発症する場合が多いようですね。

結膜炎になると、目ヤニや目の充血などが目立つようになります。




涙の量も増えるので、いつも涙目のようになりますね。

ネコ風邪からで結膜炎になることが多いので注意しましょう。


【くしゃみ鼻水】猫風邪の治療費と治療期間をしらべてみた


2.目の中に異物が入った


ネコの顔の毛や、坂まつ毛など異物が目の中に入った場合などです。

目に何かの異物が入って、結膜や角膜を傷つけている場合もあります。


うちのネコは、どこかで目をこすってしまったことがあります。

いつも片目だけが涙目になていて、いつも目ヤニがついていた時期がありましたね(^^)


3.涙管に問題がある


ふつう涙は涙管を通って鼻腔に落ちるのですが、それが落ちない病気があります。

涙管が詰まってしまっているか、細くなってしまった場合などですね。

ペルシャのような扁平な顔は、涙管がつまりやすいので注意してあげましょう。




脂質が多い食事を摂ると、涙管がつまりやすいという説があります。

体質的に、食事後に目ヤニが出るのネコちゃんもいるようです。


【目尻が腫れてる】猫の瞬膜が赤いのは目の病気?


4.アレルギーが原因


ハウスダストやカビや花粉などが原因で、ネコちゃんがアレルギーになることも。

原因がアレルギーにある場合には、アレルゲンを特定するのは難しいです。

獣医師に相談し、アレルギーを治療をしつつ原因を特定していきましょう。

スポンサーリンク


簡単な涙焼けの取り方


涙やけは、まずは涙の原因になっているものを治すことです。

涙が止まれば、涙やけで色褪せた毛も、毛が生え変われば自然になくなります。

目ヤニなどは、蒸留水で濡らしたガーゼで拭いてあげるだけで十分です(^^)


【激しく抵抗】うち猫が結膜炎!簡単な目薬の差し方はないの?


まとめ


ネコの目の病気で多いのは、ネコ風邪などが原因でおきる結膜炎。

感染を防ぐためにはネコ同士を接触させないように注意しましょう。


【腫瘍】猫のくしゃみ鼻水&鼻血が止まらない3つの原因

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。