【え!】知っておきたい猫の鳴き方の意味は5つだけだった?!

猫の鳴き方にはどんな意味があるの?

猫は鳴き声のトーンを変えることで、そのときの気分を表現しているといわれています。

もちろん声だけではなく、表情や仕草を合わせて総合的に判断するのですが、

今回はネコの鳴き方(鳴き声)についてピックアップしてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫の鳴き方の意味


野生のネコ(外ネコ)は縄張り争いや、発情期のとき以外にあまり鳴くことはありません。

外ネコは単独行動が基本なので、音声によるコミニュケーションが苦手といえます。




一方飼いネコは別で、鳴き声で飼い主の気を引いて自分の気持ちを伝えようとします。

飼い主に何かをして欲しいときは、顔をみつめて「ニャー」と鳴いてきます。


ネコがおもに鳴く理由
鳴き方 意味
ニャーン 声はふつうの大きさ。ごはんが欲しいときや、何か欲求があるとき。
ニャーン、ニャーン 大きな声で連続で鳴きます。トーンは高めです。外に出たいときなど強い欲求があるとき。
ニャ~ン かわいい小さな声。かまって欲しいとき
ウーー 連続した低い唸り声。警戒しているとき、神経質になっているとき。
ニャン 「やぁ」みたいな親しい相手に挨拶するとき。または返事。

ネコのおもな要求は「エサが欲しい」「外に出たい」「かまって欲しい」の3つ。

「警戒しているとき」「挨拶」をいれても5つぐらいでしょうか。

鳴き声というか「シャーッ!」「ゴロゴロ」などを入れても7つでしょうか(^^ゞ


もともと「ゴロゴロ」は母ネコと子ネコがコミュニケーションするときに使われていました。

ですから遊んで欲しいときや欲求があるときにもゴロゴロ喉を鳴らすことがあります。

また体調が悪いときも喉を鳴らすことがあり、ゴロゴロは自然治癒を高めてくれるといわれています。

甘えだけじゃない!猫のゴロゴロには癒し効果がある!?


猫の不思議な鳴き声


時々ネコちゃんにみられる不思議な鳴き方をまとめてみました。


1.ニャ~ン+ゴロゴロ



甘えたくて、母ネコ(飼い主)に注目して欲しいときなど「甘え+アピール」の鳴き方。

実は、ネコは喉を鳴らしながら「ニャン」と鳴くことができます。


2.カカカ




ネコが小鳥のさえずりをまねしているような鳴き方。クラッキングとも呼ばれています。

うちのネコ(子ネコのとき)は小鳥を見つめながら「ニャニャニャ」と鳴いていましたね。

獲物が目の前にいても捕まえられない、もどかしい感情の現れにみえます。

一説には、ハンティングを成功させるために獲物の鳴き声のまねをしているのだとか。


3.アーオン、アーオン


うちのネコは大きな声で「アーオン、アーオン」と物悲し気に鳴くことがあります。

隣の部屋に行ったかと思えば、突然スイッチが入ったかのように鳴きはじめます。

寂しいから? それともネコの遠吠え? いまだに謎です。


ネコ同士にしか聞こえない特殊なトーンで、仲間とコミュニケーションしているのかも。

いずれにせよ、放っておいてもそのうち静かになりますから大丈夫です。


4.クルクル(プルル)


クルクルッまたはプルルッと短く鳴くパターンです。とてもかわいいですね。

別の記事に詳しく書いていますので参考にして下さいね。


【鳴き声の種類】猫が短くクルクルと鳴く意味は何なの?

スポンサーリンク


先ずは愛猫の鳴き方を覚えよう


遊んでちょ


ネコの代表的な鳴き声は「ニャーン」ですが、同じような鳴き声でも状況によって意味が違ってきます。

ネコによって鳴き方に個体差があるので、先ずは愛ネコの鳴き方を覚えることが大切。

そのときネコが置かれている状況、表情や仕草なども含めて判断するとよいでしょう。


耳の形で猫の感情がわかるの?!猫の気持ち4パターン


まとめ


ある動物学者によると、ネコには70以上の鳴き声(ネコ語)があるといわれています。

とはいえ、ネコのおもな要求は「ごはん」「外に出たい」「かまって」の3つぐらい。

さらに「警戒」「挨拶」なども含くめると5つぐらいの意味に集約されると思います。

強引に5つにまとめた感じもしますが、あくまで個人的な意見として捉えてくださいね。


【くねくね】尻尾でわかる猫の7つの気持ち【膨らむ】

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。