【対処】猫がネギを食べたみたい!致死量はどのくらいなの? | ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

【対処】猫がネギを食べたみたい!致死量はどのくらいなの?

投稿 2015/03/05|更新 2018/11/23

猫がネギを食べてしまった。。致死量ってどのぐらい?

ネギはネコには禁忌きんきといわれる食材の1つですが、

どのぐらい量を食べるとヤバいのか調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ネコにネギが危険な理由


長ネギなどには、ネコの赤血球を壊してしまう成分が含まれています。

ネギだけでなく、タマネギやニンニクにも同じ成分が入っています。

赤血球が壊れることを溶血ようけつと呼び、それにより尿が赤くなることも。

※ アリルプロピルジスルフィドという成分



赤血球が破壊されると貧血になりますが、これを「溶血性貧血ようけつせいひんけつ」と呼びます。

そうなった場合、歯茎が白っぽくなり尿の色がが赤くなることもあります。

元気に遊びまわることがなくなり、症状が進むと呼吸困難になることも!


アワビにはフェオフォーバイドという物質が含まれています。

この物質は紫外線に反応し、血中で変化してネコの赤血球を壊します。

その結果、皮膚炎になって耳がボロボロになるネコちゃんもいます。


ネギの致死量はどのくらい?


ネギを食べて平気なものもいれば、すぐに症状が現われるものもいます。

中毒の度合いにも個体差があって、致死量を数値化するのは難しいようです。

とはいえ、まだ体の小さい子ネコには重篤な症状がでる可能性がありますね。


最近、疲れやすくなった気がする。。


ネコちゃんに手作りの食事を与えている飼い主さんもいると思います。

ネギやタマネギのエキスが入ったスープも危険ですので注意が必要ですね。


膀胱炎?原因不明の猫の血尿の正体はアレだった!

スポンサーリンク


中毒を起こす身近な植物


毒性は弱いのですが、ニラ・ラッキョウ・アスパラガスもネギの仲間です。

これらの共通点は「ユリ科」の植物であること。

身近なユリ科の植物は、ユリ・チューリップ・スズラン・ヒヤシンス…などなど。


身近にある危険


スズランは人にも危険で、血圧低下や心臓麻痺を起こす有毒植物です。

一部の観葉植物にも、中毒を起こすものがあるので注意が必要です。

クリスマスシーズンによくみるポインセチア、ネコが食べると嘔吐・下痢になります。


【禁止】食べてはいけない!猫に危険な5つの食べ物【禁忌】


まとめ


うちのネコは、野菜に興味がないので食べることはありませんが、

万が一のために、大きな洗濯ネットに野菜を入れて管理しています。

また、プランターにチューリップを植えているときは注意しましょう。


【芋を欲しがる】猫に与えていい食べ物とダメな食べ物

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

ピックアップ

ネコの予防接種(ワクチン)特集

お部屋の臭い対策

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

コメントを残す

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

ねこネコ.ねっと|猫の飼い方 TOP » ネコの健康ケア » 【対処】猫がネギを食べたみたい!致死量はどのくらいなの?