【白い】病気?猫の目やにが片目だけ茶色い3つ原因【黒い】

片目だけ猫の目ヤニが茶色いのは病気なの?

ふつう目ヤニって黄緑っぽいイメージなんだけど、茶色って異常なの?

今回は、ネコの目ヤニの色ついて調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ネコの目やにの色で何がわかる?


目ヤニは、結膜けつまく(白目)の分泌液が、ゴミなどの老廃物をからめとったもの。

目ヤニの色で多いのは、白色・黄緑色・茶色の3色に分けることができます。

これはどれも正常で、ネコの生活環境や体質によっても色が変化するようです。




色はどうであれ、それが渇いている目ヤニらしい目ヤニなら問題はありません。

色よりも性状が問題で、ドロドロした粘液質な目ヤニは病気の可能性があります。

それで目ヤニの性状と、その疑われる病気についてピックアップしてみました。


1.ドロドロ系の黄緑の目やに


黄色~黄緑系のどろっとした目ヤニのときは、結膜炎などの原因が考えられます。

単独で結膜炎になることは少なく、ネコ風邪などによって引き起こされます。

ネコ風邪は定期的に予防接種していれば防ぐことができますね。


2.ベタベタ系の白い目やに


角膜(目の中心の透明な部分)が炎症を起こすと、ベタベタ系の白っぽい目ヤニなります。

おもな原因はウイルス感染や細菌感染で、結膜炎が進むことで発症することもあります。

目を擦ったり、逆マツゲで発症するケースもありますよ。


うちのネコが小さい頃、よく目を擦って角膜が白く濁っていました。

片目だけ黄色い目ヤニがありましたが、数日で消えてしまいました。


3.水っぽい茶色い目やに


いつも目が涙でうるうるしていて、茶色っぽい跡がついてるときは流涙症りゅうるいしょうかも。

流涙症とは、涙の排水システムに異常が起きて、涙が止まらなくなってしまうもの。

原因には、涙嚢炎るいのうえんなどによる鼻涙管びるいかん(涙の排水管)のつまりが考えられます。


頻繁に流れる涙で被毛が変色することを涙焼けと呼ばれています。

涙嚢炎があるときは目ヤニが目立ち、少し臭いがすることもあります。

これらはペルシャ系のネコなど、鼻の低い品種によく見られます。


黒い部分が涙焼け


【涙目】簡単な涙焼けの取り方はある?猫の涙やけ4つの原因

スポンサーリンク


瞬膜はバロメーター


めの


「瞬膜しゅんまく」とはネコの目を保護する白くて薄い膜のことです。

健康なネコであれば瞬膜は収縮した状態で目頭(目の内側)におさまっています。

体調が悪いときに出るので、瞬膜は「ネコのバロメーター」と呼ばれています。

もちろん目の病気でも出ますが、瞬膜炎になると目の半分ほど瞬膜で覆われることもあります。


チェリーアイについて

瞬膜の裏側にある腺などが炎症を起こすと瞬膜が充血し盛りあがることがあります。

サクランボのように見えることから「チェリーアイ」と呼ばれています。

細菌感染や外傷などで瞬膜が炎症を起こしてもチェリーアイになることがあります。


まとめ


目ヤニの色はネコのちゃんの体質や生活環境によって異なります。

目ヤニの色そのものよりも、その性状の方が重要な手掛かりにになります。

ペルシャ系のネコちゃんは目や鼻のトラブルが多いのでよく注意してあげましょう。



眠たいの?意外に知らない猫の両目ウインクの意味

スポンサーリンク



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。