【里親募集】京都の保健所から猫をもうらうには【譲渡会】

京都の保健所から猫をもらうには、どのような手続きが必要?

今回は京都の郷物保護センターからネコをもらう方法を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

京都で猫をもらうには


京都府域でネコの譲渡を行っている(公的)施設は「京都動物愛護センター」です。

また京都を中心に活動する譲渡ボランティア団体もいくつかあり、定期的に譲渡会が開かれています。


1.猫が譲渡されるまでの流れ


愛護センターからネコの譲渡を受けるにはセンターが定める条件を満たす必要があります。

内容はネコの飼育環境や、これからネコを飼育する上での心構えなどについてです。

センターの譲渡条件
  • 京都府内在住の成人の希望者
  • 家族全員の同意が必要
  • 家族にペットアレルギーがないこと
  • ペット飼育可能な住居に住んでいること
  • 終生飼養できること
※特に年齢の上限はありませんが、高齢の方は有事の際に代わりに飼育できる後見人が必要
ネコが譲渡されるまでの流れ
  1. センターに申込書を提出
  2. 希望条件に合うネコが収容されたらセンターから連絡(電話)される
  3. センターで希望のネコとマッチング(対面)
  4. 問題がなければ譲渡手続きし、ネコを譲り受ける
集合住宅・借家に住んでいる方はペット飼育承諾書(賃貸契約書の写しなど)が必要
問合せ先
  • 京都動物愛護センター
  • 〒601-8103 京都市南区上鳥羽仏現寺町11番地
  • TEL 075-671-0336

2.動物保護団体から譲渡


センターからの入手が難しいときは動物保護団体から譲ってもらうのも1つの方法です。

京都を中心に活動しているグループがいくつかあり、定期的に譲渡会を開いています。

譲渡条件についてはグループ特有のものがあるので、後でトラブルにならないよう確認して下さい。

京都で活動するおもなグループ
譲渡会の日程、費用などについては各グループにお問合せ下さい

スポンサーリンク


3.猫神社について


京都には花の名所として有名な「梅宮大社」があります。この社には木と花の神である「木花咲耶姫命コノハナサクヤヒメ」が祀られています。

カキツバタの名所として知られていますが、ウメやサクラはもちろんのこと、一年中景観を楽しむことができます。

ネコが気ままに境内を歩き回っていることから猫神社とも呼ばれ、ネコ好きさんのパワースポットになっています。

梅宮大社へのアクセス
  • 京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
  • ℡:075-861-2730
  • 拝観時間:9:00~16:30
  • アクセス:京都市バス「梅宮大社前」徒歩3分
  • 駐車場有(10台)
補足:大社の自家製梅干「招福梅」が人気です(500円:売れ切れ注意)

まとめ


京都でネコの譲渡を行っている公的な施設は「京都動物愛護センター」のみ。

京都を中心に動物保護をしている団体もいくつかあり、定期的に譲渡会が開かれています。

ぜひ梅宮大社にも足を延ばしてみて下さいね(^_-)-☆


【年間】猫の一生涯に必要な費用のトータルはいくら?【1ヶ月】

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。