【キャットフード】カリカリとウェット、オススメはどっち?

キャットフードはカリカリと猫缶どっちにすればいいの?

今回は、それぞれのキャットフードの特徴をまとめてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

カリカリとウェットの特徴


ドライタイプのキャットフードのことを「カリカリ」と呼んでいます。

一方、ウェットタイプは「ネコ缶」のことですね。

先ずは、それぞれのキャットフードの特徴についてです(^^)


1.カリカリの特徴


カリカリ(ドライフード)の特徴

  • 高たんぱくの肉や、穀物、脂肪などをミックスしていて栄養のバランスが抜群
  • 繊維質も多く、消化器をサポート
  • ネコの体質に合わせて、エサを選ぶことができる
  • 開封後も保存性に優れ使い勝手がよい
  • 与えるときは必ず水を用意すること

ドライタイプは開封後も1ヶ月以上保管することができます。

真夏にエサを出しっぱなしにしていても腐らず、臭いもしません。



ネコにも肥満・糖尿病・腎不全・アレルギーなどが増えていますので、

ネコの病状に合わせたフード(療法食)を選ぶことができるのも魅力です。

カリカリの方が歯垢がつくにくい傾向があり、中には歯磨き効果があるものもあります。


2.猫缶の特徴


ネコ缶(ウェットフード)の特徴

  • ドライフードよりもタンパク質が多い
  • 高脂肪なものが多く、少ない量でカロリーを摂取することができる
  • なので食の細いネコちゃんにおすすめ
  • 水分も同時に摂取することができる
  • 開封したら日持ちしない

何よりも食事中に水分摂取ができるのがよい点です。

どうしても水分摂取量が少ないと、泌尿器系のトラブルになりやすいですね。




ネコ缶に水分を足してあげることもできますので、熱中症対策にもなります。

少量で高カロリーの食事が摂れるので、食が細いネコちゃんにもオススメです。

どうしても、ウェットタイプは歯垢がつきやすいようですね。

スポンサーリンク


キャットフードのチェックポイント


キャットフードはいろいろなものが売っていて、どんなものを買えばよいのは迷ってしまうと思います。

それでキャットフードの選ぶ際に抑えておきたいポイントをまとめてみました。


チェックするポイント

  • ネコの総合栄養食であること
  • 与え方が記載されているもの
  • 1ヶ月で食べ切れる量を選ぶこと
  • 賞味期限が1ヶ月以上であること
  • 猫下部尿の病気をサポートしているもの
  • タンパク質が豊富なもの

基本的に「総合栄養食」と記載されているものであればフードと水だけでOKです。

ネコは肉食ですからタンパク質が豊富なものを選びましょう(^^)

ドライフードであれば1ヵ月で食べ切れる量をえらびましょう。


【安いけど安全?】市販国産キャットフードおすすめ3ブランド


まとめ


キャットフードはどちから一方だけを与えるのではなく、ときには使い分けも必要。

もし飽きっぽいネコちゃんなら、2つを上手に組み合わせるのも方法ですよ(^^)


【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

スポンサーリンク



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。