【生臭い】お口のトラブル!猫の口が臭い病気をまとめてみた

猫の口の臭いが、気になるレベルになってきた!

うちの猫が口を開くと、やたら臭いんですが。。どうすれば良い?

今回は、猫の口が臭くなる病気についてです。

スポンサーリンク


猫の口が臭くなる病気


健康な猫の口の臭いはキャトフードなど食べている物の匂いだけです。

それとは別の生臭い匂いがするときは病気の可能性を疑った方がよいですね。

それで今回は猫の口臭と関りがある病気をまとめて見ました。


1.歯周病によるもの


猫の歯の周辺に歯垢(プラーク)や歯石が溜まると酸っぱい匂いがします。

歯石は最近の塊みたいなもので、それが固まったできたものが歯石と呼ばれるものです。

歯垢や歯石は歯肉炎や歯槽膿漏(歯周炎)の原因になり、それらを総称して歯周病と呼びます。




歯垢や歯石を除去しない限りお口の匂いが消えません。

口を開いただけで匂いがする場合は、かなり歯周病が進行している状態です。

歯周炎にまでなると、やがて歯がグラグラになって抜けて落ちてしますことになります。


歯石は猫が2歳頃から着きはじめるので、その頃からのケアが大切になります。

ちなみに、ドライフードよりもウェットの方が歯垢が着きやすい傾向があります。

猫のオヤツにも歯磨き効果のあるものが売られていますので利用するとよいでしょう。

【嫌がる】猫の歯磨き頻度とナイスなやり方【おやつ】


2.口内炎によるもの




猫が口内炎を発症すると強い口臭(ドブ臭い)とよだれが目立つようになります。

考えられる原因として免疫力の低下、カリシウイルス、口内細菌などがあります。

歯垢や歯石が細菌の供給源となって口内炎を引き起こしている場合もあります。


猫の口内炎は一度発症すると治りにくく、再発しやすい傾向があります。

免疫力を低下させるような病気(猫白血病や猫エイズ)では口内炎がみられます。


3.腎不全によるもの


高齢の猫ちゃんに多い病気で慢性腎不全(慢性腎臓病)という病気があります。

体内の老廃物がオシッコとして排出できなくなり、やがては尿毒症を併発し亡くなります。

血中の老廃物の濃度が高くなると、猫の口からアンモニア臭がするようになります。


【尿毒症】猫を腎不全にさせないための4つの予防法【末期症状】

スポンサーリンク


まとめ


猫の口臭の原因のほとんどが歯周病によるもの。

シニアの猫は歯周病が進行しなためにも1度のオーバーホールが必要ですね(^^)

それでは楽しい猫ライフを(^_-)-☆

【生臭い】猫の口臭とよだれを防ぐ3つの対策【原因】

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。