【余命】猫が甲状腺機能亢進症でも寿命をまっとうできるの? | ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

【余命】猫が甲状腺機能亢進症でも寿命をまっとうできるの?

投稿 2015/04/03|更新 2018/12/01

猫が甲状腺機能亢進症なのですが、寿命をまっとうできますか?

今回は、ネコの甲状腺機能亢進症の寿命についてです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ネコが甲状腺機能亢進症でも長生きできるの?


ネコが甲状腺機能亢進症になる原因はわかっていないみたいですね。

それに7~8歳以上の中高齢に発症しやすい病気のようでもあります。

 


ネコの平均寿命は15歳前後といわれています。

ネコが8歳で甲状腺の病気が見つかったとしても、あと7年間生きれば天寿を全うしたことになります。

甲状腺の病気が良性のもであれば、それほどコントロールが難しい病気ではありません


慢性腎臓病があるときは要注意


甲状腺機能亢進症は発見が遅れると心臓に負担がかかり、重い心臓病になっていることもあります。

高齢のネコにでは慢性腎臓病を患っていることも多く、高血圧により慢性腎臓病が悪化します。

そのため症状が悪化して寿命を縮めてしまうケースがあります。


甲状腺機能亢進症の初期症状

  • 歳のわりに元気すぎる
  • 攻撃的になる
  • 夜鳴きするようになる
  • よく走るようなる
  • よく水を飲む・多尿
  • よく食べるのに痩せる


以上のような症状が現れたら病院で診てもらいましょう。

食べているのに痩せてるくるようなときは病状が進行している可能性があります。


【余命】猫の糖尿病こんな症状になったら要注意【治療】

スポンサーリンク


まとめ


ネコが甲状腺機能亢進症になったとしても寿命を全うすることは可能。

早期に発見して症状をコントロールしていけば、ふつうの生活ができるそうです。

それでは楽しいネコライフを(^_-)-☆


【白血病】猫がリンパ腫で余命宣告をされた…治療は続けるべき?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

ピックアップ

ネコの予防接種(ワクチン)特集

【特集】猫の風邪

お部屋の臭い対策

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

ねこネコ.ねっと|猫の飼い方 TOP » ネコの病気 » 【余命】猫が甲状腺機能亢進症でも寿命をまっとうできるの?