猫の頻尿血尿が止まらない3つの原因と3つの予防法 | ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

猫の頻尿血尿が止まらない3つの原因と3つの予防法

投稿 2015/02/20|更新 2018/11/17

猫の頻尿ひんにょうと血尿が止まらない原因とは?

ネコにとって泌尿器の病気は宿命といわれているほどポピュラーな病気。

それで今回はネコの泌尿器のトラブルについてまとめてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

頻尿血尿の3つの原因


ネコは水をあまり飲まない生き物なので、泌尿器の病気になりやすい傾向があります。

とくに尿路の下部にあたる膀胱と尿道にトラブルが多く猫下部尿路疾患ねこかぶにょうろしっかん(FLUTD)と呼ばれています。

寒い時期は運動量が減り、それに飲水量も減るので泌尿器のトラブルが多く発生します。


猫下部尿路疾患のおもな症状

  • 頻尿ひんにょう頻繁ひんぱんにトイレに行く)
  • 残尿感(頻繁にトイレに行くのに尿が出ない)
  • 不適切な排尿(トイレ以外でオシッコをする)
  • 排尿時の痛みで鳴く
  • 血尿…など


  • いつもよりトイレの回数が増えたり、粗相そそうをするようになったら要注意ですよ!


    1 猫の尿路結石症


    下部尿路疾患を引き起こす代表的な病気は「尿路結石症にょうろけっせきしょう」と呼ばれているものです。

    尿路結石症とは尿管や膀胱内にミネラルの結晶ができる病気で、全体の約20%を占めます。

    結晶のサイズは数mm~1cmを超えるものまであり、それを結石または尿石と呼んでいます。




    結石が膀胱の粘膜を傷つけて出血したり、それが原因で膀胱炎になったりします。

    ひどいときには結石で尿道がふさがれてオシッコが全く出なくなることもあります。

    雄ネコの方が雌ネコよりも尿道が長いため重症化しやすい傾向があります。

    急性腎不全から尿毒症を併発することもあるので注意が必要です。

    尿路結石症になりやすい品種

    麻布大学附属動物病院における猫の尿管結石の好発品種に関する検討

    【要約】
    麻布大学附属動物病院において 2007年 4月から 2014年 3月の間に尿管結石と診断された猫 64例についてオッズ比を用いた好発品種の検討を行った。

    その結果、来院頭数の最も多かった雑種猫におけるオッズ比は有意に低く、純血種において高い結果となった。

    中でもヒマラヤン,アメリカンショートヘアー,スコティッシュフォールドにおけるオッズ比は有意に高く、好発猫種である可能性が示唆された。

    また、その他の猫種については統計学上有意な結果が得られなかった。

    本検討結果より、純血種であることは猫の尿管結石において 1 つのリスク要因となり得ることが示唆された。



    雑種よりも純血種のネコちゃんほうが尿管結石になるリスクが高いということ。

    純血種の中ではヒマラヤン、アメショ、スコティッシュのリスクが高いということが報告かれています。

    2 猫の膀胱炎


    膀胱炎ぼうこうえん」とは膀胱内の粘膜に炎症が起きる病気です。

    膀胱炎が起きる原因

  • 細菌感染によるもの
  • 尿路結石によるもの(膀胱の粘膜が傷ついた)
  • 突発性膀胱炎(原因不明の膀胱炎)

  • 一般的にネコのオシッコは濃度が高いため細菌感染によるものは少ないといわれています。

    ほとんどは尿路結石と突発性膀胱炎よるもので、突発性膀胱炎は下部尿路疾患の50%を占めます。

    まれに膀胱内に腫瘍しゅようがあると頻尿や血尿になるケースもあります。


    突発性膀胱炎とは

    尿路結石や細菌感染といったものがみられず、原因不明の膀胱炎を繰り返す病気。

    精神的なストレスや自己免疫性疾患などが関わっていると考えられています。


    【血尿】猫の膀胱炎が治らない3つの原因【頻尿】


    3 猫毛細線虫




    ネコの膀胱に「猫毛細線虫」が寄生して、慢性的な膀胱炎を引き起こすことがあります。

    中間宿主としてミミズでそれをネコが食べることで感染します。

    その寄生虫はネコの膀胱内で成長して卵を産み、その卵は排尿されて地面に落ちます。

    地面に落ちた卵をミミズが食べて、またそのミミズをネコが食べて感染します。

    ちなみに人間には感染しないのでご安心を。


    猫の風邪は人間にうつるの?キスで感染してしまう4つの病気

    スポンサーリンク


    猫の泌尿器トラブルの予防法


    ネコの泌尿器トラブルを予防するには以下の3つがとても大切です。

    猫下部尿路疾患を予防する3つの方法

    1. トイレの容器やトイレ砂を清潔にすること
    2. ネコの飲水量を増やす工夫をすること
    3. 適度な運動させること

    ネコの泌尿器のトラブルを防ぐには飲水量を増やすことが基本です。

    ネコの運動量が増えると自然に飲水量も増えるので、よく遊んであげましょう。


    【時間】猫を満足させる遊び方4つのコツ【頻度】


    まとめ


    ネコの泌尿器のトラブルを防ぐには飲水量を増やすことが基本。

    ネコが突然粗相をするようになったら泌尿器の病気を疑いましょう。

    トイレの回数が増えたり、粗相をするときは早めに獣医師に相談しましょう。


    猫が水を飲まないのは病気が原因?猫に水を飲ませる4つの方法

    よろしければシェアお願いします

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    おすすめコンテンツ

    関連コンテンツ

    ピックアップ

    ネコの予防接種(ワクチン)特集

    【特集】猫の風邪

    お部屋の臭い対策

    お役立ち「ネコの○○の仕方」

    キャットフード特集

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    NEXT »
    PREV »
    HOME » ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

    ねこネコ.ねっと|猫の飼い方 TOP » ネコの病気 » 猫の頻尿血尿が止まらない3つの原因と3つの予防法