【もう止めて!】猫同士が喧嘩をする理由とその止め方

部屋飼いの猫同士が喧嘩をする理由は何なの?

猫同士が喧嘩をしたときの止め方ってどうやるの?

今回のテーマは「猫同士が喧嘩をする理由」です。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫が喧嘩をする理由


猫は縄張りを持つ生き物なので、自分のお気に入りの場所に侵入されると喧嘩になります。

上手に縄張りを共有できないときや、住み分けができないときは争いが絶えないでしょう。

これは部屋のレイアウトを改善することで解決できる場合が多いです。




厄介なのは、力が強いの猫が、力が弱い猫を「獲物」とみているケースです。

つまり「狩る側」と「狩られる側」になってしまっているケースですね。

一方の猫の体が小さいからといって獲物として扱われるものでもありません。

猫ちゃん同士に体格差があっても上手に生活できている例はいくらでもあります。


これは狩る方の猫だけの問題ではなく、狩られる側の猫の態度が問題になります。

狩られる側の猫が自信がない態度をとるから獲物と扱われる場合が多いのです。

つまり猫ちゃんに自信を持たせてあげれば解決することができます。


猫が自信をなくす理由


前項でも少し触れましたが部屋のレイアウトや環境はとっても重要です。

力が強い猫と力が弱い猫が喧嘩して窮地に立たされるのは力が弱い猫です。

そして力が弱い猫が、大きい猫に袋小路などに追い詰めた場合はとても危険です。


力が弱い猫が追いつめられることがないように部屋のレイアウトに配慮する必要があります。

力が弱い猫が、力が強い猫に追いかけられたとしても逃げ道さえあれば安心です。

いざとなったらいつでも逃げることができるという安心感が自信にもつながります。

ですので部屋のレイアウトは非常に大切なのです。

【一人暮らし】ワンルームで猫を飼うときのレイアウト

スポンサーリンク


理想的なレイアウト


弱い猫が追い詰められないような部屋のレイアウトにしなければなりません。

コーナーなど待伏せされされそうな場所、袋小路になりそうな場所には逃げ道を用意すること。

力が弱い猫は喧嘩では勝てませんが、逃げ道を用意してあげることで対処することができます。


ねこ棚(キャットウォーク)


袋小路やコーナーなどにはキャットタワーや猫の棚を設置してあげるとよいでしょう。

キャットタワー上で猫ちゃんが追い詰められないような工夫も必要です。

キャットタワーからもほかの場所に移れるようします。行止まりをつくらないことが大切です。


キャットタワーを2本立て、その間に板を設置して渡れるようにしてもよいです。

たいていは強者は床(グラウンド)が好きで、弱者は上方がを好む傾向があります。

弱者が床に降りなくても部屋を一回りすることできる家具の配置が理想的です。

【多頭飼いの注意点】ケンカはダメ!新入り猫を迎える準備


まとめ


猫ちゃん同士がケンカをするのは縄張り問題が殆んど。

猫ちゃんに体格差があるときは部屋のレイアウトを工夫して逃げ道を用意してあげましょう。

喧嘩になりそうな気配があったら、猫同士の間をダンボールなどで遮るとよいでしょう。


【多頭飼い】猫のトイレの数や場所はどうするの?

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。