くしゃみ鼻水は猫風邪の初期症状?知らないと恐い4つの病気

猫のくしゃみ鼻水は、ほんとうに風邪の初期症なの?

猫のくしゃみや鼻水が長期化する場合は、ただの風邪じゃないかもかも。

長い間放っておくと、大変なことになるかも知れません(>_<)

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

知らないと恐い4つの病気


猫風邪のおもな症状はくしゃみ鼻水と微熱などで人間のものと似ています。

しかしながら風邪の症状と似ていても、全く違う病気のこともあるので注意が必要です。


1.猫ウイルス性鼻気管炎


猫ウイルス性鼻気管炎は通称「猫風邪」と呼ばれるものの1つです。

これはヘルペスウイルスが原因でくしゃみ鼻水発熱などの症状が出ます。

定期的に予防接種を受けていれば大事に至ることはありません。

ヒトの風邪と同じく安静、保温、栄養と水分補給が治療の基本になります。


鼻水で鼻がつまってしまうと匂いがしなくなるのでキャットフードを食べなくなることがあります。

鼻水で鼻がふさがっていたら、ぬるま湯で湿らせたタオルで拭いてあげましょう。

2.カリシウイルス感染症


これも猫風邪の一種ですが症状はヘルペスウイルスよりキツイです。

くしゃみ鼻水などの風邪症状に加えて、口内炎や舌炎がひどくなるのが特徴です。

このウイルスの恐いところは肺炎になった場合には命に関る点です。

これもワクチンで予防できるので定期的な予防接種をしていれば大事には至りません。

ちなみに3種混合ワクチンはカリシウイルス、ヘルペスウイルス、パルボウイルス(猫伝染性腸炎)の3つ。

【くしゃみ鼻水】猫風邪の治療費と治療期間をしらべてみた


3.猫白血病ウイルス感染症


このウイルスに感染すると免疫力が低下して風邪などをひきやすくなります。

また白血病やリンパ節腫瘍になりやすいのでガン化ウイルスとも呼ばれています。

おもに感染猫に噛まれたり、多頭飼いでの食器の共有が原因で感染します。

白血病ウイルスに感染しても気がつかず生涯発症しない猫ちゃんもいます。

離乳期前に発症してしまうと完治するのは非常に難しいといわれています。

発症した場合ワクチンに対する特効薬がなく症状を和らげる治療しかできません。

猫の白血病ワクチンは効果あるの?感染する3つ原因

スポンサーリンク


4.猫のアレルギー性鼻炎


アレルギーは人間だけのものではなく、猫のアレルギーも年々増えているようです。

猫風邪だと思っていたら、実は花粉症だったというケースもあります。

カビやダニといった、微生物でもアレルギー性鼻炎が引き起こされます。

他にもハウスダスト、金属、プラスチック、キャットフードなど多岐にわたります。

猫の住環境すべての物がアレルゲンになり得ますから原因を特定するのは難しいです。

鼻炎の多くは猫風邪などのウイルス感染によるものが原因になります。

【要注意】猫のキャットフードアレルギー3つの症状と治し方


まとめ


くしゃみ鼻水などの初期症状で始まる病気の中には「猫白血病」などもあります。

最も恐いのは、野良猫ちゃんにかまれてウイルスにが感染することですね。

お散歩に出かける猫ちゃんは、くれぐれも感染には気をつけましょう(^_-)-☆


【毎年】猫の予防接種の回数と費用について調べてみた【必要?】

スポンサーリンク



スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。