【毛が抜ける】猫の原因不明の皮膚病4つの原因【フケ】

毛が抜けてフケも多いのに痒がらないのは何で?

今回はネコの皮膚病について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ネコの原因不明の皮膚病4つの原因


ネコの皮膚炎は発見が遅れると完治するまで時間がかかってしまうこともあります。

あまりネコが痒がらないケースもあるので飼い主が気がつかないことも多いです。

中にはヒトの子どもに感染するものもありますから注意が必要なんです。


1.皮膚糸状菌症によるもの


皮膚糸状菌ひふしじょうきんは真菌というカビの一種で白癬はくせんとも呼ばれています。

ネコの顔や耳、四肢などに感染しやすく円形状に毛が抜けることからリングワームとも呼ばれています。

周囲にフケやカサブタが見られることもありますが、それほど痒みはないようです。




おもな感染原因は皮膚糸状菌に感染しているネコとの接触によるもの。

子ネコや免疫力が低下している老齢のネコに感染しやすいすい傾向があります。

「抗真菌薬」という専門の薬を使って治療します。


ヒトの子どもに感染しやすい病気で、首や手足などに痒みや湿疹などが出来ます。

そのため感染ネコが使っていた寝床や毛布などは除菌する必要があります。

【皮膚病】カビ菌だけじゃない!猫の耳の後ろがハゲてきた!


2.猫のツメダニ症によるもの


「ツメダニ」は頭部に大きな爪(触肢しょくし)があり、体長は 0.3~0.5mm ほど。

ツメダニに寄生させると頭や背中に大量のフケがみられるのが大きな特徴です。

また湿疹、カサブタ、脱毛などがみられますが、その割にはそれほど痒みはありません。



ツメダニ 出典:http://www.hs64.jp/


感染原因はネコやイヌなどの感染動物との接触やノミやハエなどを媒介して感染します。

治療はもっぱらノミ・ダニの駆除剤を使用します。

ツメダニは人を刺す代表的なダニで人が刺されると強い痒みが出ます。


【室内飼いなら安全?】猫のノミ駆除4つの方法


3.ネコのニキビダニ症によるもの


「ニキビダニ」とはネコの皮膚に常在している体長2~3mmの細長いダニ。

ニキビダニ症になると頭・顔・首の周囲の脱毛やフケがみられます。

湿疹やカサブタも見られますが、痒がるネコもいれば平気なネコもいます。


ふつう健康的なネコであればニキビダニ症になることはありません。

そのため背後に免疫力が低下するような病気(ネコ白血病など)がある可能性があります。

猫の鼻周辺にニキビが?!ニキビの4つの原因と治し方


4.日光皮膚炎によるもの


日光に対する過敏症のことで日光アレルギーとも呼ばれます。

ネコの場合は毛の薄い部分…鼻の頭や耳といったところの皮膚に炎症が起こります。

赤みや脱毛にフケといった症状が出ますが、ひどいときは潰瘍状になることもあります。




白ネコや被毛に白色が多いネコは日光皮膚炎になりやすい傾向があります。

長期間紫外線を浴び続けることで皮膚がんになるリスクも高くなります。

ネコ同士のケンカでついた傷と間違われやすいので注意しましょう

スポンサーリンク


まとめ


ネコの皮膚炎には痒みが伴わないものもあり、気がつかない場合があります。

皮膚病によっては専用の薬を使用にないと完治しないものもあります。

ニキビダニ症の場合、他の病気で免疫力が低下している可能性があるので要注意です。


猫の風邪は人間にうつるの?キスで感染してしまう4つの病気

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。