夏の脱水症状が心配!猫が水を飲まないときの4つの対処法 | ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

夏の脱水症状が心配!猫が水を飲まないときの4つの対処法

投稿 2015/05/15|更新 2018/12/13

猫が水をを飲まないときの対処法を調べてみた。

夏になると暑さで熱中症になり病院に駆け込んでくるイヌやネコが急増します。。

それで今回はネコの熱中症を防ぐ対策について調べてみました

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫の飲水量を増やす工夫


ネコの先祖は砂漠で暮らしていたため脱水に強く、少ない水分でも生き抜くことができます。

そのためネコの飲水量は少なくオシッコの量も少ないので、泌尿器の病気になりやすい傾向があります。

オシッコをすると体温が下がるので、体温調節が苦手なネコにとって水分補給はとても大切です。


寒い時期にはネコの運動量の低下するため飲水量が減ってしまいます。

そのため寒い時期には「猫下部尿路疾患」になる傾向が高くなります。


1.水置き場を増やす


ネコの目に付くいくつかの場所に水飲み場をつくってあげましょう。

ネコは食事の場所と離れたところで水を飲む習性があるため、少し離れた場所に水皿を置くのもありです。

エサの横は当然として、トイレの横や、普段ネコがまったりしている場所に設置します。

まちがって水の容器を蹴ってしまわないように注意しましょう(^^ゞ


風呂オケに水を汲んでおく




家の中で涼しい場所いえばお風呂場があります。そしてお風呂の水を飲むネコは多いです。

それを利用しない手はないので、あらかじめお風呂の水をオケに汲んで用意しておきましょう。

いつもでも風呂場に立ち寄れるようにドアを少し開けておきましょう。


2.エサに水を足す


ネコ缶などのウェットフードに1割り増しの水を足すのもよい方法です。

普段の食事から水分摂取量が増やすことができるのでネコにも違和感がないです。

ネコのおやつの「ちゅーる」は優れもので、手軽に水分摂取量を増やすことができます。


【猫のおやつ】チュール5つの便利な使い方


3.ネコと一緒にお風呂に入る


うちの娘がお風呂に入るとき必ずといっていいほどネコを連れて行きます。

ネコはお風呂のフタの上で毛繕いしたり、床に溜まっているお湯を飲んだりしています。

ネコはぬるま湯が好きな傾向があるので、ネコをお風呂に連れて行くのもありですね。

スポンサーリンク


猫が熱中症なってしまったら


ネコの体温が急激にあがって40℃以上になると熱中症になってしまいます。

日中40℃近くなってしまう部屋でネコちゃんをお留守番させるのは危険です。

もしネコちゃんが熱中症で倒れていたら、すぐに体を冷やして病院に連れて行きましょう。


詳しくは…緊急事態】猫が熱中症で下痢症状!どう対処すればよいの?


まとめ


ネコは脱水には強いいきもの、でも飲水量が少ないために泌尿器の病気が多い。

ネコの泌尿器の病気を予防するためにも、飲水量を増やす工夫は飼い主さんの責任です。

またネコちゃんが熱中症にならないためにお部屋の温度管理はしっかりと。


【エアコンなし】猫が真夏にお留守番!暑さ対策3グッズ

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

ピックアップ

ネコの予防接種(ワクチン)特集

【特集】猫の風邪

お部屋の臭い対策

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

ねこネコ.ねっと|猫の飼い方 TOP » ネコの健康ケア » 夏の脱水症状が心配!猫が水を飲まないときの4つの対処法