【グルーミング】猫のブラッシング頻度とおすすめブラシ

猫のブラッシングはどの程度すればよいの?

それと、おすすめブラシを教えてください。

今回はネコのブラッシングとおすすめブラシです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫のブラッシングの頻度


ネコはエサを食べるときと寝ているとき以外は、ほとんどグルーミングしています。

グルーミングとは「毛づくろい」のことで、ネコにとっては大切な日課。

グルーミングすることで被毛を清潔に保っているのです。

ネコの体があまり臭わないのもグルーミングのお陰です。



しかしながら、長毛のネコちゃんの場合、すべてを自分だけでするのは困難です。

そこで、飼い主さんがお手伝いしてあげるワケです。


ネコのブラッシングの目安

  • 短毛種は基本的に放置でOK
  • 長毛種はできるだけ毎日ブラッシングしてあげる
  • 老猫はできるだけ毎日ブラッシングしてあげる

もちろん短毛種でも毎日ブラッシングしてあげてもかまいません。

ブラッシングを定期的にしてあげることで信頼関係を深めることができます。

ブラッシングは子ネコのときから慣しておくとよいですね。


長毛種はネコちゃだけの毛づくろいだけでは十分に毛並みを整えることができません。

やっぱり飼い主さんが手伝ってあげる必要があります。

さらに「コーミング」といって、クシで毛並みを整えてあげる必要があります。

スポンサーリンク


おすすめブラシはどっち?


うちのネコは短毛のミックスです。

基本的に手がかかりませんが、被毛が生えかわる時期には抜け毛が目立ちまね。

毛並みを整えるというよりは、もっぱら抜け毛対策としてブラッシングしています。

そのためウチでは「スリッカー」と「ラバーブラシ」を愛用しています。


これがスリッカー


これがラバーブラシ


こんな感じで毛がとれます


ラバーブラシは引っぱり感が強いので、うちのネコは苦手なようですね(^^ゞ

シャンプーするときはラバーブラシがあると便利です。


【長毛種】どれがオススメ?猫のブラシ4タイプ【短毛種】


まとめ


発泡スチロールは神


ウチでは、お風呂でネコを洗うときにはラバーブラシが大活躍です。

毛もとれますが、なにより洗いやすくて重宝します。

結論としては、両方あると便利ということですね(^_-)-☆


【効果抜群】静電気に注意!嫌がる猫にブラッシングする方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。