本気噛み?猫の甘噛みが痛いときの効果的な3つのしつけ方

猫の甘噛みが痛い!どうにかならないの?

おまけに甘噛みしてながら足でキックしてくる!キックで腕がネズミ腫れ。。

やんちゃな猫をしつける効果的な方法はないの?

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫が甘噛みしてくる理由


遊んでいる最中に、猫が手をガブっと噛んでくることはよくあります。

遊んでいるうちにエキサイトしすぎて、おもちゃと人の手の区別がつかなくなっているため。

はじめは甘噛みでも、だんだん本気モードになって強く噛んでくる場合もあります。




子猫なら「甘えたいとき」「遊びたいとき」などに甘噛みしてきますね。

歩いているときに足を噛んでくるのは猫に不満があるとき。ほとんどは「遊び」が足りてないときです。


猫が甘噛みしてるのはこんなとき

  • 興奮しているとき
  • 甘えたいとき、遊びたいとき
  • 不満があるとき
  • 噛み癖があるとき…など

  • 早くから親や兄弟から離れた猫は、大人になってからも「噛み癖」が残ることがあります。

    遊びでも「ここまでやったら痛い、傷つく」などのルールを学習できなかったのが原因です。


    病気や怪我があるときも

    猫をしつこく撫でたりすると警告の意味で甘噛みしてきます。

    でも、お腹の病気で触られるのを嫌がっていることもあるので注意が必要です。

    その場合、痛いところに触れようとするとすぐに反応してきます。


    甘噛みが痛いときのしつけ方


    前項でも触れましたが、猫が甘噛みにはいくつか理由があります。

    猫ちゃんをしつけるというより、飼い主の方が注意すれば防げる内容もあります。


    1.猫と手を使って遊ばない


    頭を撫でようとすると、急に手を噛んでくるくる猫ちゃんがいます。

    甘噛みだけでなく、人の腕を抱え込んで後ろ足でキックされるケースもありますね。

    こういったケースでは、飼い主さんが猫と手を使って遊んでいることが多いです。


    噛み癖がつくと危険


    飼い主は手加減をして遊んでいるつもりでも、猫にとってはケンカしているのと同じ。

    猫の攻撃性を助長しているだけで、猫にとっては迷惑なのがほとんどです。

    基本的に猫ちゃんの遊びは「狩り」です。格闘することではありません(^^ゞ

    これからは「猫のオモチャ」で遊ばせましょう(^^)


    2.よく遊んであげること


    猫は狩りをする動物。つまり猫にとっての遊びとは「狩り」のことです。

    狩りができない猫は自信を失い、問題行動を起こすようになります。


    猫の遊び=狩り


    人の足を狙うような猫ちゃんは、遊びが足りないので欲求不満になっています。

    歩いている人の足をネズミなどの獲物に見立て、狩りをしているのですね。

    ですからオモチャを使って、猫ちゃんに狩りをさせてあげましょう。


    【時間】猫を満足させる遊び方4つのコツ【頻度】


    3.ルールをわからせる


    まだ甘噛みならかわいいのですが、中には興奮して本気噛みになる猫ちゃんがいます

    早くから親や兄弟から離されてしまい、加減がわからない猫ちゃんもいますね。

    そのようなとき「ここまでやったらダメ」というルールを決める必要があります。




    噛まれて痛いときや、噛んで離してくれないときは強めの声で叱ること。

    叱るときは「ダメ!」「コラ!」など、猫にもわかる短い言葉を使うのがポイント。

    どのしつけにも使えるような、共通の言葉を決めておくのがよいでしょう。


    叱るときのポイント

  • 短い言葉で
  • 強めの言葉(怒鳴ってはダメ)
  • しつこく睨まない
  • 叩いたり、水をかけたりしない
  • 現行犯で叱ること

  • 怒鳴ったり長時間にらんだりすると猫が怯えてしまい、飼い主との関係がこじれてしまいます。

    あくまで「こんなことされると不機嫌」というニュアンスが伝わればよいです。

    必ず現行犯で叱ることが大切。そのとき絶対に叩いたり水をかけたりしないこと。

    スポンサーリンク


    4,その他


    猫はオレンジやレモンなどの柑橘系の匂いが苦手。

    柑橘系のスキンクリームを手足に塗っておくのも方法ですよ。

    「ビターアップルダバー」という猫なめると苦いものもあります。



    まとめ


    手を使って遊ぶのは猫の攻撃性を助長するだけ。猫のおもちゃを使って遊んであげること。

    だいたい1回に15分程度、猫が疲れてハァハァいうまで遊んであげましょう(^^)

    猫を叱るときは強めの短い言葉で。怒鳴ったりして猫を怖がらせないこと。


    猫の噛み癖をなおす上手なしつけ方3つのポイント

    スポンサーリンク



    スポンサーリンク








    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。