【自己責任】冬に猫を1週間留守番させる方法【暖房】

冬に猫に1週間ほど留守番をしてもらうのは可能?

長い間、家を空ける事態になったときはどうすればよいの?

今回はネコに1週間お留守番させる方法を調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

猫を長期間留守番させる方法


自分の中では、ネコに留守番させてよい日数は2泊3日だと考えています。

しかし、年末年始に不幸などがあれば1週間ぐらい帰省する事態もあるはず。

そこで、ネコの長期的なお留守番について考えて見ました。


1.留守中の温度管理について


暖房機器には、エアコン・コタツ・ホットマットなどがありますね。

エアコンは結露などで止まってしまうことがあるので心配です。

やっぱり、ペット用のホットマットが無難だと思います。


コタツっ子


夜中に冷え込むと、ホットマットではネコちゃおの背中が寒いのです。

それで、ドーム型のベッドにホットマットを敷いておくとよいですね。


2.留守中の食事はどうする?


キャットフードは袋ごと開いて置いとき、水は風呂場の洗面器に入れておきます。

もちろんネコ愛用の食器にも、フードや水をなみなみ入れておきますよ(^^)

「自動給餌器」などは故障する恐れがあるので、使用しないほうがよいでしょう。


3.留守中のトイレはどうする?


次に問題になるのはトイレじゃないでしょうか。

ネコの留守番を2泊が限界と考えるのは、トイレにるところが大きいのです。

トイレを汚れたままにしておくとネコは粗相をしはじめます。。


早く帰ってきてニャン!


同じタイプのトイレをもう2つほど設置してもよいと思います。

大きめのダンボールにビニールなど敷いてトイレを自作してもよいと思います。

スポンサーリンク


その他の注意点として

それと事故防止のためネコの爪は切っておいた方がよいですね。

留守中爪が引っかかって身動きがとれなくなるとマズイです(^^ゞ

【さみしい】猫の留守番は最長何日が限界なのか調べてみた


まとめ


やはり、1週間もネコに留守番させるのは緊急事態のときだけですね。

たとえ2泊3日以内であっても、留守中に何が起こるかわかりません。。

それでは自己責任で(^_-)-☆


【留守番】猫を旅行中に1週間預けるときの3つの選択【注意点】

スポンサーリンク



スポンサーリンク





2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。