【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの? | ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

icon-edit 2016/02/28 icon-repeat 2018/09/12

キャットフードの材料、ミートミールや穀物は猫の健康に悪いの?


キャトフードの中身については、グレーな部分があるのも確かですね。

今回は、キャットフードの材料について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

市販のキャットフードは健康によくない?



「市販フードはネコの健康によくない」という情報をよく耳にします。

それらが問題にしているのは、おもに穀物の使用、ミール、保存料などですね。

果たしてそれらの材料がネコの健康を害するのかチェックしたいと思います。


市販フードの穀物について




理想的なネコの食事は「生きたネズミ、丸ごと1匹」といわれていて完全肉食がベスト。

基本的にトウモロコシや小麦などといった穀物類を必要としません。

しかしながら市販のフードにはそれらが複数入っているのが一般的です。


ペットフードに穀物を使う理由

  • 加工しやすく大量生産できる
  • コストが安いので消費者に安く提供できる
  • 材料をまとめるツナギの役割がある
  • 穀物で足りない栄養素を補うことができる…など

  • ネコは炭水化物を消化する能力はそれほど高くありませんが、

    フード中に3割程度の炭水化物が入っていても消化には問題ないといわれています。

    またこれといって、ネコに炭水化物が危険だとする報告もないようです。


    栄養価の高い穀物はネコの健康維持に有益であるとするメーカーもあり、

    穀物を使用しているからといって悪いフードというワケではないようです。

    総合的にみて、ネコにとってバランスがとれた食事であれば問題ないと考えています。

    ちなみにサツマイモはネコが食べても問題ないとされ、高級フードに使われています。


    市販フードの○○ミール



    ペットフードにはミートミール・チキンミールなど「○○ミール」が使われています。

    「〇〇ミール」は悪い肉を使っているので危ないという情報をよく耳にしますが、

    そもそもミールとは「脱水工程を通して特定の肉源から水分を取り去り乾燥させもの」のこと。

    一般的にこのように精製されたものは「肉粉」と呼ばれています。


    生肉はNG


    ちなみに「アズミラ」は人が食べても安全なチキンミールが使用されています。

    ですから「ミール」が危険かどうかは材料次第ということなのですね。

    このメーカーによると「高品質の穀物はネコの健康に有益」と考えられていて、

    「カナガン」などの高級ブランドとは対極的な立場なので面白いです。


    ○○ミールはよくみられます


    日本にも「ペットフード安全法」というペットの食の安全を守る法律があります。

    ペットに重大な被害を及ぼすようなものを商品化することはできません(^^)

    最近では「AAFCO」の基準を元に製造されているフードがほとんどです。
    ※アメリカ飼料検査官協会


    【キャットフード】アズミラの口コミ・評判をしらべてみた


    市販フードの酸化防止剤



    酸化防止剤はキャットフードの長期保存や風味を保つために必要なもの。

    しかし中には発がん性があるものもあり、基準値を超えて摂取すると臓器障害を起こすことも。

    ネコちゃんの体質よってはアレルギーの原因になることもあります。


    酸化防止剤 おもな特徴
    BAH 「ブチルヒドロキシアニソール」のこと。発がん性があるといわれている
    BHT 「ジブチルヒドロキシトルエン」のこと。奇形を生じさせる疑いがある
    エトキシキン 防腐力が高く非常に安価。アレルギー反応、主要臓器の障害が起こる可能性がある。
    亜硝酸ナトリウム 食肉の発色をよくし細菌繁殖を抑制する。
    抗酸化ビタミン ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB2、β-カロテンなど


    これは基準値以内の使用においては問題はないとされています。

    エトキシキンについて

    ペットフードの基準値を設けているAAFCOが、飼料又は原料に150ppm以下の添加を認めているため、ペットフード業界ではエトキシキンの150ppmの添加を問題視する動きはありませんでした。

    しかし、FDA獣医医療センターは、飼い主からの報告を元に、ペットフードに添加されたエトキシキンが、アレルギー反応、皮膚病問題、主要臓器の障害、異常行動、がんなどの発症に関係しているようだという見解を発表しました。

    それを受け、FDAはエトキシキンの主要製造元であるモンサント社に、現在の基準値の半分の75ppmでの抗酸化試験を依頼したと言われています。





    最近では「ミックストコフェロール」「ローズマリー抽出物」など天然由来のものが使われます。

    「ミックストコフェロール」はビタミンEのことで、ローズマリーにも強力な抗酸化作用があります。

    これらは「抗酸化ビタミン」と呼ばれるもので、体にやさしい天然由来のものです。

    スポンサーリンク


    着色料について



    ネコは赤色などは判別できないといわれ、キャットフードをカラフルにする必要はありません。

    もっぱらフードを着色するのは、見た目をよくして購入者の購買意欲を刺激するため。

    使用基準内であれば問題になることはないので、あまり神経質になることはありません。




    もちろん不必要な添加物が使われていないに越したことはありませんが…


    【カラフルで危険?】キャットフードの着色料について調べてみた


    まとめ



    ミールや穀物を使用していたちしても、全てが危険なフードではありません。

    大切なのはネコちゃんにとってバランスのよい食事かどうか。

    市販のフードは危険とするのは偏った情報によるものと考えています。

    ただ成分表に酸化防止剤や保存料の記載がないものは論外だと思います。


    国内シェアNo.1




    【その人気にはワケがある】キャットフード・ドライ売れ筋TOP10

    よろしければシェアお願いします

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    おすすめコンテンツ

    関連コンテンツ

    ピックアップ

    ネコの予防接種(ワクチン)特集

    【特集】猫の風邪

    お部屋の臭い対策

    お役立ち「ネコの○○の仕方」

    キャットフード特集

    NEXT »
    PREV »
    HOME » ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ねこネコ.ねっと|猫の飼い方 TOP » キャットフード特集 » 【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?