【再発】デブ猫は危険?!肥満細胞腫3つの症状【余命】 | ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

【再発】デブ猫は危険?!肥満細胞腫3つの症状【余命】

投稿 2015/03/18|更新 2018/11/27

老猫がかかりやすい肥満細胞腫ってどんな病気なの?

今回は、肥満細胞腫ひまんさいぼうしゅについて調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ネコの肥満細胞腫について


肥満細胞はアレルギー反応と炎症反応に関与している細胞で、

肥満細胞種とは、肥満細胞が増殖して腫瘍しゅよう化(ガン化)する病気です。


肥満とは無関係


9~10歳に発症することが多いのですが、若い年齢にもみられるようです。

肥満細胞腫には皮膚型内蔵型の2タイプがあります。


1.皮膚型の特徴


皮膚型は頭や首周りの皮膚に、小さいシコリがポツン(複数の場合もある)とできます。

特徴的なのはシコリになった部分の毛が抜けることで、潰瘍かいようになることもあります。

それゆえ早期発見しやすく、切除手術で治る確率が高いといわれています。


2.内蔵型の特徴


内蔵型肥満細胞腫の特徴

  1. 高齢のネコがなりやすい
  2. おもに腸管に発症する
  3. おもな治療は切除手術ですが、切除できない部分は放射線治療や化学療法でカバーします。

    それらで効果がない場合には、余命6か月前後といわれています。

スポンサーリンク


肥満細胞腫の予防


今のところ、肥満細胞腫が発症するメカニズムはわかっていません。

肥満細胞腫に有効な予防法はなく、何よりも早期発見がポイントになります。

ふだんからネコとコミュニケーションをとり、違和感を感じたら即受診。




皮膚型は体の表面にできることもあって、早期に発見することが可能です。

厄介なのは内蔵型。軽い嘔吐・下痢が数日続くようなら獣医師に相談しましょう。


皮膚型はシャムによくみられ、遺伝が関与しているいわれています。

猫免疫不全ウイルスが関与しているといわれていますが、よくわかっていません。


まとめ


ふだんから、ネコの頭・首周り・お腹など揉みもみしてあげましょう。

軽い嘔吐・下痢が数日間続くようなら獣医師に相談するのが先決です。

8歳以上のネコちゃんは、毎年の健康診断がオススメです。


【白血病】悪性リンパ腫の猫って余命どのくらいなの?

よろしければシェアお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ

関連コンテンツ

ピックアップ

ネコの予防接種(ワクチン)特集

お部屋の臭い対策

お役立ち「ネコの○○の仕方」

キャットフード特集

コメントを残す

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと|猫の飼い方

ねこネコ.ねっと|猫の飼い方 TOP » ネコの病気 » 【再発】デブ猫は危険?!肥満細胞腫3つの症状【余命】