【キャットフード】安いフリスキーの評判と安全性はどうなの?

キャットフードのフリスキーの評判ってどうなの?

ネコだいすきフリスキー~♪ でお馴染みのキャットフード。

今回はフリスキードライの評判や安全性について調べてみました。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

フリスキーの評判と安全性について




フリスキーは「ネスレ日本株式会社」が販売元で「モンプチ」なども扱っている会社です。

ネスレは「ネスカフェ」で知られている会社でもありますね。

フリスキーは安価なフードの中でもさらに安く、最近リニューアルされました。


1.フリスキーの口コミ評判


ドライ バランス かつお・チキン・野菜入り
対象商品
口コミ
  • リニューアルされても食いっぷりは変わらず
  • 多頭飼いには安価でとてもありがたい
  • 他のメーカーのカリカリより硬めな気がする
  • ほかのフードとミックスしている
  • 吐いたり下痢をしたり合わない子がいる
  • アマゾンで安く買える
  • 粒のサイズ小さく食べやすい(子猫用)
  • 思いのほか食いつきが良かった
  • ウマいというほどでもない
  • 子猫のときから食べていて毛艶も良い
  • ミックスが一番のお気に入り
  • マグネシウムが0.1%と低めで安心
  • ちゃんとした数値の記載がなく頼りない…など

2.フリスキーの原材料


- ドライ バランス かつお・チキン・野菜入り
原料 穀類(とうもろこし、コーングルテン、小麦)、肉類(家禽ミール、ミートミール)、豆類(大豆ミール)、植物性油脂、たんぱく加水分解物、魚介類(まぐろパウダー、かつおパウダー)、野菜類(野菜パウダー)、着色料(食用赤色2号、食用黄色4号、食用黄色5号)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、調味料
成分 たんぱく質30%以上、脂質:10%以上、粗繊維4.5%以下、灰分10%以下、水分11%%以下、マグネシウム0.13%、339kcal/100g、原産国タイ
特徴
  • タンパク質が多い
  • 皮膚と毛並みの健康維持のためオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を配合
  • ネコの必須アミノ酸であるタウリン配合
  • 骨と歯の健康維持のためカルシウムとビタミンDを配合

タンパク質が多く比較的低カロリーなフードだと考えられます。

猫下部尿路の健康も考えられているといえ、マグネシウムが少し高めな気がします。

スポンサーリンク


3.フリスキーの安全性について


保存料、酸化防止剤などの記載がなく、調味料の正体もよくわかりませんが、

日本ではペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの輸入、製造、販売は禁止されています。

このことから健康上問題ないレベルのフードだと考えられます(^^ゞ


まとめ


添加物の内容に記載がないところもあり少し心配な印象を受けました。

原産国が「タイ」ということもあり、原料の質や製造過程が不透明でモヤっとします。

とはいえ、コスパがよいフードなので多頭飼いの方には重宝すると思います。



【危険性】市販キャットフードの悪い評判は事実なの?

スポンサーリンク



スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。