【ワイルド】ベンガル猫の性格と子猫の値段をしらべてみた

ベンガル猫の性格と子猫の値段について

愛らしい中にもときどき野生の血が見え隠れする魅力的なネコちゃんです。

今回は、ワイルドな猫「ベンガル」についてです。

スポンサーリンク

data-matched-content-rows-num="8" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

ベンガル猫の性格


容姿はヤマネコそのままにイエネコの気質を持ったネコがベンガルです。

1963年にアジアンレパードとイエネコを交配して誕生しましたが、現在のイエネコの気質になるまでには20年近くかかったようです。

アジアンレパードは東南アジアに生息するヤマネコで、実は「ネコ白血病ウイルス」に対して強い免疫力があると考えられています。

ベンガルにおいても白血病に対して強い免疫力があると考えている人もいます。




ベンガルの性格

  • 好奇心旺盛
  • 遊び好き
  • 高いところが好き
  • 忠実
  • やさしい
  • ワイルド

好奇心旺盛で、とにかく遊ぶこと、走ることが大好きです。

運動でストレスを発散させてあげないと、問題行動を起すこともあります。


ネコをはじめて飼う人や、仕事が忙しい人には向いていません。

走り回るのが大好きなので、活発な家庭には向いてはいますが、

一般的に小さい子どもがいる家庭や、他のネコとの同居には向いていません。


ベンガル猫の値段


ベンガルは最も人気がある品種の1つでブリーダーの数も多いです。

25万円(ペットショップ)~50万円(ブリードタイプ)前後です。
※品種として理想的なネコ




地元のペットショップでは30万と50万の二匹が販売されいました。。

被毛の柄はブラウンスポットタビーの美しいネコちゃんたちでした。


ベンガル猫の子猫の選び方


ベンガルといえば、野生の血がもたらしたヒョウ柄のワイルドなコート。

大型のネコ科の動物をそのまま縮小したようなシルエットですね。

後ろ足は前足よりやや長めで、これはアジアンレパードと同様です。


成ネコの体重は4.0㎏♀~8.0㎏♂前後


骨格も筋肉もよく発達している子ネコを選ぶようにしましょう。

スポットやマーブル模様のはっきりしたものが人気です。

【里親&ブリーダー】失敗しない子猫の選び方5つのポイント

スポンサーリンク


ベンガル猫の飼い方


初心者
一人暮らし
マンション
こども
が多いほど良好です


ベンガルは狩りを好みますから、よく運動をさせてエネルギーを発散させてましょう。

遊び足りないとストレスが溜まり問題行動を起こすことがあります。

被毛の手入れは簡単で、週1回のブラッシングはでよいです。


人気がある品種は乱雑な交配により遺伝的疾患が現れることがあります。

ベンガルでは心筋症などの心臓疾患、白内障で目が不自由になることも。

信頼のおけるブリーダーやショップから入手しましょう!

【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方


まとめ


ベンガル猫はワイルドな外見と、イエネコのような大人しい気質が魅力です。

とはいっても、野性味が強く残るネコは甘えん坊ではありません。

ワイルドだけに、飼うときには広い空間が必要になりますね。


【猫図鑑】どれが好き?世界の猫の種類をピックアップ!

スポンサーリンク



スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。