【ストレス】寂しいの?猫が夜鳴くようになった3つの原因 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【ストレス】寂しいの?猫が夜鳴くようになった3つの原因

作成2015/03/04 更新2016/09/16

猫が夜鳴くようになってしまったのはなぜ?


ネコは寂しくてもストレスになるし、構いすぎてもストレスになるという難しい生き物。

ネコのストレスが血液検査でもチェックできるようでね。

今回は、ネコが夜鳴くようになる原因について調べてみました。

スポンサーリンク



ネコが夜鳴くようになった3つの原因



ネコの血液検査をして、白血球が1500個以下ならストレスがあるそうです(>_<)

仮にネコがストレスを感じていて、白血球の数値が下がってしまった場合には、

免疫力が低下して病気にかかりやすくなります。。




たしかに、ストレスは万病の元ですよね。。

しかし、ネコが夜鳴くようになったのはストレスだけが原因なんでしょうか?


  1. ストレスによるもの
  2. 避妊したのに発情期になった
  3. 寒いから
  4. 甲状腺の病気


ストレスによるもの

 

ネコがストレスを感じると、よく鳴くようになるのは本当のことですね。

その他にも威嚇するようになったり、粗相をするようになったり、

中にはグルーミングを長時間し続けるので、その部分が禿げてしまうネコもいます。

 

ネコのストレスの多くの原因は、縄張りの問題が関係していると考られています。

自分の居場所がないと感じていたり、縄張りが狭いと感じていたり…



あとは環境の変化なども、すぐにネコはストレスを感じてしまいます。

【注意】部屋飼いの猫のストレスを軽減する4つの方法

 

避妊したのに発情期になった

 

うちの猫が発情期になったので避妊手術をしたわけですが、

もしまた泣くようなことがあったら病院に来てくださいと言われました。

 

どういうことなのかと言うと、手術で卵巣をとっても、

また卵巣が後からできることがあるそうで、それを副卵巣と呼ぶそうです。

 

副卵巣を摘出しようとした場合、肉眼で見えずに手術ができないこともあるそうです。

そうなった場合には、また発情期になって夜鳴きするようになります。(T_T)

オス猫が去勢後も発情期になった?!その原因と対処方法

スポンサーリンク


寒いから

 

うちのネコは夜中に冷え込むときは鳴きますし、

夜中の3時に腹が減るようで、エサがないときも鳴きます。

 

人の寝ている布団の上を、キャトウォークして起こしにかかりますね(*_*)

とにかく、寒いと鳴くので布団に入れてあげると鳴きやみますね。

【風邪】子猫が寒さで食欲不振と下痢なったときの3つの対策

 

甲状腺の病気

 

ネコの甲状腺はのど元にあるのですが、甲状腺機能亢進症という病気になると、

動作が活発になり、性格が攻撃的になって発情期に近い感じになるみたいです。

 

この病気は8歳以上のネコに発症すことが多いのそうなので、

老ネコが発情期のようになったときには、甲状腺の病気も疑ってみましょう。

 

まとめ

 

ネコの威嚇・粗相・よく鳴くなどはストレスが原因のときだ多い。

ストレスのほとんどの原因は、縄張りなどの問題で不安を抱えているから。

 

しかし副卵巣、甲状腺の病気などの原因もあるので注意が必要ですね。

それでは楽しいネコライフを(^_-)-☆

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコ風邪 特集




注目されてます(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 【ストレス】寂しいの?猫が夜鳴くようになった3つの原因