【余命】猫の糖尿病こんな症状になったら要注意【治療】 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

【余命】猫の糖尿病こんな症状になったら要注意【治療】

作成2015/03/17 更新2016/09/16

猫の糖尿病って、症状が進むとどうなるの?


人の糖尿病のように失明したり、腎不全になったりするの?

今回は、ネコの糖尿病の恐さについて調べてみました。

スポンサーリンク


糖尿病になりやすい猫



肥満のネコが糖尿病になるリスクは、正常体重のネコの5倍。

肥満のおもな原因は、カロリーの摂りすぎと運動不足によるもの。

これには、ネコの避妊・去勢手術の影響や、室内飼いが増えたせいもあります。




メスはオスに比べて、1.3倍太りやすいというデータがあります。

さらに、去勢オスは未去勢オスの1.6倍太りやすく、

避妊メスは未去勢オスの約2倍も太りやすというデータがあります。


未去勢オスを”1″とした太りやすさ(倍)
未去勢オス 1.0
未避妊メス 1.3
去勢オス 1.6
避妊メス 1.9
 

icon-arrow-circle-o-right 【いま何キロ】超簡単!猫の肥満をチェックする方法【対策】


ネコの糖尿病の症状について



糖尿病とは、血液中のエネルギー源(ブドウ糖)が細胞に取り込めなくなる病気です。

血液中の血糖が上昇すろことで、体のいたるところに障害を起こすものです。


 icon-arrow-circle-o-down 糖尿病のおもな初期症状

  • 水をたくさん飲む
  • オシッコがたくさん出る
  • たくさん食べているのに、体重が増えない…など

糖尿病になると喉が渇くので、しょちゅう水を飲むようになります。

水をたくさん飲むので、当然オシッコの量が増えます。

エネルギー源(ブドウ糖)を上手に体に取り込めなくなるので、

たくさん食べているにもかかわらず、一向に体重が増えません。


 icon-arrow-circle-o-down 糖尿病の症状が進行したとき

  • 食べているのに痩せてくる
  • 歩き方がおかしくなる
  • 感染症にかかりやすくなる
  • 傷が治りにくい…など

食べているのに痩せてくるのは、ブドウ糖が体に取り込めなくなった状態です。

神経障害にまでなると、かかとを地面つけて歩くような歩行異常がみられます。



さらに病状が進行すると、体液が酸性に傾くケトアシドーシスという状態になります。

この状態にまでなると、意識障害を起こしたり、嘔吐や下痢をしたりします。

治療効果がなければ、最終的には昏睡状態になり亡くなります。。


人の糖尿病では、腎障害(腎不全)・網膜障害(失明)・神経障害を併発しますが、

ネコの場合、糖尿病が原因で腎不全や失明にまでなるのはマレなようです。

ネコが飢餓状態になると脂肪肝になり、肝機能障害を併発することがあります。


icon-arrow-circle-o-right 【ストレス】猫が食欲があるのに痩せる3つの原因【病気】

スポンサーリンク


自分で判断するのは危険



糖尿病の治療は、血液中の血糖を長期的にコントロールすること。

基本的にインスリン注射や、経口血糖降下剤などを使用して治療していきます。

長期的な治療になるので、獣医師と相談しながら治療を進めていきます。




糖尿病と診断されてから、自分勝手にネコにダイエットさせる人がいますが、

ネコに過激なダイエットをさせると、肝機能障害になる危険性があります。

病状が進んで体重が落ちたのを、ダイエット効果と勘違いする人もいます。


というワケで、

飼い主の間違った判断は病状を悪化させ、ネコの寿命を縮める結果になり兼ねません。

糖尿病の治療には、長期的な経過観察と、細やかな投薬量の修正などが必要なのです。

食事量・運動量・検査日程なども、獣医師とよく相談しながら進めていきましょう(^^)


まとめ

 

糖尿病は長期的な治療になるので、獣医師とよく相談しながら進めていくこと。

早期に発見して血糖値をコントローていけば、進行を遅らせることができます。

ネコは糖尿病で腎不全になるのはマレで、糖尿病でも天寿を全うすることもできます。


 icon-arrow-circle-o-right 【食事制限】猫の食事量と回数で糖尿病になりにくくする方法

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコ風邪 特集




注目されてます(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコの病気 » 【余命】猫の糖尿病こんな症状になったら要注意【治療】