猫にオムツは嫌!スプレーはいつから?その前兆と3つの対策 | ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

猫にオムツは嫌!スプレーはいつから?その前兆と3つの対策

更新日 2016/07/14

オス猫のスプレーはいつから?前兆や対策を知っておきたい


オス猫を飼っていて、しばしば問題になるのがスプレー行為。

部屋の壁のあちこちにオシッコをされると困ってしまいます。。

今回は、そのスプレー行為の対策を調べてみました。

スポンサーリンク


オス猫のスプレー行為の前兆や時期

 

スプレー行為は、メス猫をガツンと引き寄せる強烈なオシッコです。

ですから、スプレー行為は一人前のオス猫になった証拠ともいえます。


見るからに問題児


それで、

オス猫が一人前に成熟するのは、生後8ヶ月といわれています。

最近ではキャットフードの質がよいのいで、もう少し成熟が早いかもしれませんね。

 

スプレー行為は、高い所に濃いオシッコをかっけてアピールするものなので、

部屋の壁などの垂直なものにオシッコをかけていれば、それがスプレーですね。

普通のオシッコよりは量が少ないけれど、臭いがキツイのが特徴です。

 

猫のスプレー4つの対策

 

スプレーはオス猫の一人前の証しで、メスにアピールすると同時に、

自分のテリトリー(縄張り)を主張する好意です。

では、これらを踏まえて4つの対策ををまとめてみました。


1、去勢するのが基本



まだ去勢していないのなら、去勢してしまうのが最も効果的です。

もし繁殖させないのなら、去勢してしまうのがよいと思います。

子ネコが発情期を経験しないうちに、手術するのがよいです。

 

2、遊んでストレス発散

 

発情期を経験したオス猫のスプレーを、100%防止するのは難しいようです。

去勢をしたオス猫うち、10%はスプレー癖みたいなものが残るそうです。

ですから、発情期を経験する前に去勢するのがベストですね。



癖が残る場合は、オモチャでストレスを発散させるのも方法です。

徐々にスプレー癖がなくなっていく場合もありますよ。


 icon-arrow-circle-o-right 【ストレス発散】猫じゃらしではダメの?子猫が喜ぶ3つの遊び方


3、ネコのグッズを増やす

 

ネコは、家の中に自分の居場所や所有物ないと問題行動を起こします。

トイレや爪とぎなどのグッズを増やして、ネコの住環境を整えてあげる必要があります。

いつもスプレーをする場所に、もう1つトイレを置いてもよいです。

 
キャットタワーもオススメ


ネコにとっての居場所は、自分の匂いのする愛着のある場所です。

ネコは愛着のあるに匂いに囲まれることで、自信をもつことができるのです。

縄張りの不安からのスプレー行為は、ネコの悲痛の叫びなんです。


 icon-arrow-circle-o-right 【鳴き声が切実】見逃すな!猫のストレス症状5つのサイン

スポンサーリンク


4、散歩でテリトリーを拡大

 

中には縄張りへの執着が強く、テリトリーの範囲も広いタイプのネコもいます。

そのような場合は散歩などをさせて、外に目を向けるように誘導します。

家への執着が薄れてくれば、スプレー行為も減っていきます。

 

外に散歩にいくようなネコは、家の中でスプレー行為をしないはずです(^^)

ネコに散歩をさせるときは、ハーネス&リードをつけて散歩して見ましょう!

外の新しい刺激と運動の効果で、ストレス発散にもなります。


 icon-arrow-circle-o-right 【ハーネス】猫の病気やストレスを防げるの?散歩の4つの利点

 

まとめ

 

このスプレーは、去勢することで90%ぐらい阻止することができるそうです。

残りの10%ほどは、スプレーの癖みたいなものが残るといわれています。

もし去勢していないのなら、早めに手術することをオススメします。


 icon-arrow-circle-o-right 猫の去勢や避妊手術の時期と体重は?時期が遅いとどうなるの?

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

NEXT »
PREV »
HOME » ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方

こちらの記事もどうぞ

ネコの冬支度




注目されている猫(=^・・^=)




ピックアップ




お役立ち「ネコの○○の仕方」




キャットフード特集


この記事へのコメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ねこネコ.ねっと ~ 猫とのつき合い方 TOP » ネコのしつけ » 猫にオムツは嫌!スプレーはいつから?その前兆と3つの対策